楽しい GOLF LIFE

ゴルフギアの口コミサイト「間違わないゴルフ用品選び」

タイトリスト VG3 アイアン の試打&評価(2016モデル)

      2018/09/16

Titleist タイトリスト VG3 IRONS (2016) を試打しました。どんなクラブなのか評価と感想をレビューします。

試打クラブ

【番手】
7番(30°)
【シャフト】
・タイトリスト VGI (S) オリジナルカーボン
・N.S.PRO 950GH (S)

現行モデルの VG3 シリーズ(2016) には、軟鉄鍛造の「VG3 アイアン」と、軟鉄鍛造ボディにマレージングフェースで飛びを追求した「VG3 アイアン タイプD」の2種類ある。

 構えてみると

構えると、意外にストレートに近いセミグースネック形状です。やや面長だが、アスリート向けのスッキリした顔立ち。ターゲットを刺すように構えやすい顔。思った以上にアスリートっぽいシャープな印象で、球筋がイメージしやすい。

打ってみると

素振りをすると、全体に軽くて振り抜きやすい印象です。打ってみると、よくつかまり、よく拾ってくれて、高弾道で安定した飛距離になる。ストロングロフト(7番で30°)だが、ロフト角以上に飛ぶ感じではなく、ロフト通りの飛距離です。

ぶっ飛びアイアンのような、飛んだり飛ばなかったりの不安定な球が出ないから、安心できる。つかまり過ぎることもないし、つかまらずプッシュすることもない。丁度いいバランス感。

打感はマイルドで、軟鉄鍛造の柔らかさが心地よい。スイートエリアが広いからなのか、分厚い打感ではない。

ストロングロフト、セミグースネック、長めの重心距離、というマッチングがトップ気味に入りやすい感じがするが、タングステンウェイトがソールのトゥとヒールに装着されて、本当によく拾い上げてくれる。トップ気味でも、ちゃんと真っ直ぐな高弾道になる。

薄めにヒットさせておけばグリーンに乗ってくれるような簡単アイアンです。

よくつかまるが、カット気味にも打ちやすい。芯を外した時の打感が、ちゃんと手に伝わってくるので、操作しやすいアイアンです。私の技量では、低い球は打てないですが、、、

ストロングロフトのアイアンに有りがちな、グースネックの顔が苦手なセミアスリートが(私も苦手です、、)打感と構えやすさを手に入れながら、安定した飛距離を手に入れられるアイアンです。

タイトリストの「716 AP1 アイアン」とほぼ同じロフト角の設定で、立ち位置が似てると思うが、打感がいいし、こちらの方がアスリート感が強い。でも、「716 AP2 アイアン」と比べると、かなり楽なアイアンです。

軟鉄ボディのやさしいアイアン

このアイアンとライバルとなる、ゼクシオ フォージド アイアン(2017)ミズノ JPX900 フォージドアイアンキャロウェイ APEX アイアン、など、軟鉄鍛造のやさしいアイアンが人気です。

中級者からトップアスリートまでの幅広いゴルファーから評価が高い。プロも使用します。バリバリのアスリート用アイアンを使う意識を持つことも悪くないが、このようなアイアンを使うと、チャンネルが切り替わって、肩の力が抜けて、スコアメイクに集中できる。

カッコよさは劣るが、飛距離とミスの強さは、かなり違ってきます。ずっとマッスルバックやハーフキャビティを使ってると、良さがわかる。私も、そろそろ使おうかなと、エース選びを考えてます。。。

シャフトは

オリジナルカーボンの タイトリスト VGI(S) のほか、2種類のスチールシャフトDynamic Gold AMT(S200)、NS PRO 950 GH(S)から選ぶことができる。

オリジナルカーボンは、しっかり感があって打ちやすいシャフトです。スチールシャフトが重く感じ始めたら、大きな違和感がなくカーボンシャフトに切り替えやすいシャフトです。しなりが、このヘッドとよくマッチして振りやすい。

まとめ

タイトリスト VG3 アイアン(2016)は、よく拾い、ミスに強く、打感がいい。安定した飛距離でパーオン率が上がるアイアンです。

・よく拾う
・縦の距離が安定する
・ミスに強い
・軽くて振り抜きやすい
・よくつかまる

アイアンが上達したような気持ちにさせてくれる。セミアスリートがスコアにこだわるなら、このアイアンはオススメ。

飛距離 4.5
構えやすさ 4.5
デザイン 4
打ちやすさ 5
操作性 4
打感 4

 - Titleist, アイアン