楽しい GOLF LIFE

間違わないゴルフ用品選びで飛距離アップ、スコアアップ。ライバルに差をつけてゴルフをエンジョイしましょう。

タイトリスト 917F2 フェアウェイウッドの試打&評価

      2016/12/10

Titleist 917 F2 フェアウェイウッド を試打しました。PGAツアーで優勝争いを繰り広げるトッププロたちが使用するこのモデルは、どんなスペックなのか評価と感想をレビューします。

私は前モデルの 915F を使っているので、どんな進化を遂げたのか、楽しみ。

【番手】
3W(15°)
【シャフト】
スピーダー661エボリューションⅢ(S)
Tour AD TP-6(S)
Diana BF60(S)
Titleist Speeder 517(S)
(シャフトは4種類試打しました。)

img_0298917F2

FWは2種類ある

新しくなったタイトリストのフェアウェイウッドには2種類あり、915F の後継モデルがこの 917F2 で、915Fd の後継モデルが 917F3 となります。917F3の試打&評価 今回試打する 915F2 には、ロフトのバリエーションが5種類(13.5°、15°、16.5°、18°、21°)あり、ヘッドの大きさは 917F3 より少し大きいです。

img_0282

丸くなった感じ。色はダークグレーになりました。上品な色合い。

構えると

img_0295

ターゲットにまっすぐに構えやすい。どっしりとした安心感があります。引っかかりそうな嫌な予感もなくて、スイングに集中出来る。

打ってみると

打ってみると、1発目からナイスショット!ややフェード気味で強い中弾道。よく飛びます。落ち際にひと伸びしてる感じ。3発4発と打っても同じ球が出ます。吹け上がらず前へ前へ飛んでいく。自分のスプーン(915F)より約10ヤード飛んでます。打感は柔らかくフェースの たわみ が手に伝わってくる。SURE FIT®CGウエイトをドローに変えると、力強いドローボールに。何発打っても引っかからずナチュラルなドローです。

img_0284

フェースの色はシルバーから黒に変更。有効打点エリアが拡大されました。その効果なのか、ヒール気味でも飛距離が変わらないし、まっすぐに飛びます。何しろ動画を再生してるかのように、ずっと同じ球が出ます。これはいいなぁ。。。球筋が安定するので狭いロングホールでも、思い切って狙っていけますね。大きく進化してます。

SURE FIT® CGを調節

img_0285

ウエイトの調節は、トゥ側からカプセルのような棒状の重りを差し込むと、ドロー、フェード、ストレートと球筋が変わります。これが非常に良く出来ていて、見事に弾道が変わります。私の場合、ウエイトをフェードに変えると、つかまらずスライスになります。

player-benefits-cg-0816

 

シャフト選びは

917F2は打ちやすくなったので、シャフト選びによっては幅広いゴルファーが使えるフェアウェイウッドです。シャフトのバリエーションが豊富なので自分に合ったシャフトを選びたいのですが、この3種類は全部それぞれいい。ドライバーのイメージとは若干違います。

スピーダー661エボリューションⅢ(S) よく戻りよく走る。合わせやすい。
Tour AD TP-6(S) 一番よく飛ぶ。
Diana BF60(S) よくつかまる。今回一番ミスが少なかった。

img_0288

飛距離的にTour AD TP-6 が魅力的ですが、本当に迷います。Diana BF60 は、ドライバーを打った時の感じとは違って、めちゃくちゃ打ちやすかったので、意外でした。

オリジナルの Titleist Speeder 517 は、ドライバーには、なかなかしっかりしていいシャフトだと思ったのですが、どうもフェアウェイウッドには、ピタッときません。でも、SURE FITのウエイトを調整してバランスを変えたら、いい球が出た。
タイトリスト 917 F2 が安く購入できる。

まとめ

Titleist 917 F2 フェアウェイウッド は、大きく進化してます。
最高だと思ってた前モデルと比較するとよく分かるんです。ちょっと悲しい、、、

・強い球筋で飛距離が伸びる
・打感が柔らかい
・球筋がまとまる
・オフセンターでもまっすぐに飛ぶ

ツアープロが迷わずに915Fから917F2に変えてるのが、よく分かりました。本当にいい!

飛距離 5
構えやすさ 5
デザイン 5
打ちやすさ 5
打感 4.5

 - Titleist, フェアウェイウッド