楽しい GOLF LIFE

ゴルフギアの口コミサイト「間違わないゴルフ用品選び」

タイトリスト 917 D2とD3をわかりやすく比較した

      2016/12/10

Titleist 917 D2 と 917 D3 の売れ行き絶好調のようです。タイトリスト契約プロもどっちのドライバーを使おうか迷うこの2種類。アマチュアゴルファーは自腹だから慎重になるのは当たり前。高額な出費だから後悔したくない。でもプロみたいに何度も何度も試打できない。そんな機会がない。私は購入してから「失敗したかな」って思ったことが何度かあります。シャフト選びは間違わないけど、ヘッドは、やらかす事があります(悔)

img_0059

 

そこで、917D2と917D3のヘッドの違いや試打した評価や感想を簡単明瞭に整理しました。

トッププロが使うと欲しくなる

アメリカPGAツアーを見ると、3大メーカーが圧倒的に強いです。Callaway、TaylorMade、Titleist の契約プロが毎試合優勝争いをしていますね。世界ランク上位のプロが新しいドライバーに変えると大きなニュースになります。ダスティン・ジョンソンがテーラーメイドのM2ドライバーを使うと、欲しくなる。松山英樹フィル・ミケルソン、がキャロウェイのグレートビッグバーサドライバーを使っていますが、よく売れてるみたい。アダム・スコットもタイトリストの917 D2 をいち早く導入しました。タイトリストはトップアマやフレッシュな若手プロが多いですね。ジョーダン・スピース見てると全部タイトリストで揃えたくなってしまう。。。
テーラーメイド M2 ドライバーの試打&評価と飛ぶ理由
キャロウェイ GREAT BIG BERTHA ドライバー はプロにも評判がいい

img_0064

充実した調整機能

新しい発想のSURE FIT®CGウエイトをソールの後部に差し込むと、非常に多くのパターンでカスタマイズできる。8g、10g、12g、14g、16gと2グラム刻みで用意されたウエイトによって重心深度も重心距離もバランスも可変範囲が広く、まるで別物のように生まれ変わります。ライ角やロフト角を調整する「ライ角2次元独立調整システムSURE FIT®Hosel」で自ら手軽に16通りの弾道調整も可能です。

surefit-5050-installation_600

試打してすぐに判断するのはNGです。つかまらないとか、上がらないとか、その逆も、、調節次第で変わります。SURE FIT®CGウエイトとSURE FIT®Hoselの二つの調整機能を使えば、だいたい自分に合うスペックに辿り着くことができます。

となると、違いは、体積と形

構えた時の顔が違います。シャローで丸型のD2、ディープで洋梨型のD3。直進性かコントロール性か。何度も試打しましたが、打感も両者素晴らしい。飛距離も同じぐらいよく飛ぶ。構えやすい。音もいい。あとは、好みと相性ですね。

操作性 弾道 直進性 体積
917D2 460㎤
917D3 中高 440㎤

タイトリスト 917 D2 ドライバーの試打&評価
タイトリスト 917 D3 ドライバーの試打&評価

タイトリスト 917 D2,D3が安く購入できる。

まとめ

タイトリスト 917 D2,D3ドライバーは、ヘッドの調整機能が充実してるのでどちらを選んでも自分にあったスペックに調整できる。
・違いは方向性と操作性。どちらを優先にするのか
・若干D2の方が楽に打てる(球が上がる)
・構えた時の好みが重要

結局、両者とも素晴らしいドライバーなので第一印象が決め手になるのかな。どちらを選んでも、後悔はしないけど、両方欲しい。。。。

 - Titleist, ドライバー