楽しい GOLF LIFE

ゴルフギアの口コミサイト「間違わないゴルフ用品選び」

タイトリスト 718 MB アイアン の試打&評価

      2018/09/07

Titleist(タイトリスト) 718 MB アイアン を試打しました。どんなクラブなのか評価と感想をレビューします。

試打クラブ

【番手】
7番(35°)
【シャフト】
・ MODUS³ TOUR 120 (S)
・AMT TOUR WHITE (S200)

発売前から J・トーマス が使用

2017年の全米プロでアメリカの若手選手ジャスティン・トーマスが松山くんを振り切って見事に逆転優勝した。特に終盤のアイアンの切れ味は圧巻だった。

後に彼のクラブセッティングが話題になったが、発売前の「718 MB アイアン」で戦ったのである。。

それにしても、ナイスなタイミングでの勝利。これ以上ない宣伝効果になったのは間違いないですね。
以前のレビューはこちら→全米プロ優勝!J・トーマスのクラブセッティングは?

構えてみると

バックフェースの形状は下部のブレードが直線的なデザインになり、やや重心が下がったように見える。

構えてみると、ストレートネック、小顔、薄いトッブライン、は、伝統の顔で、正直言って前モデルの「716 MB アイアン」との違いが分からない。

メーカーとしては見た目の変化で買い替え需要を起こしたくなるものだが、「完成されたデザインは、変える必要がない」というメッセージが込められているように感じる。

ピンを刺して構えられ、球筋をイメージしやすい、、これぞアスリートのための究極のデザインです。

試打の評価は

打ってみると、気持ちよくつかまって、球がよく上がってくれる。フェースがよくターンするし、打ち込んでも抜けがいい。少しトップ気味でもリーディングエッジの先が粘って、ボールを拾い上げてまずまずのキャリーになる。低い弾道も打ちやすいが、マッスルバックアイアンとしては、高い弾道が比較的打ちやすい。

「714 MB アイアン」「716 MB アイアン」あたりからスイートエリアが広くなったが、この「Titleist 718 MB アイアン」はさらによく拾ってくれる。

センターよりも下部でヒットしても打感が悪くないし、距離のロスも少ない。ダウンブローに打ち込まなくても、薄めのターフを取るようなレベルスイングで十分につかまるが、鋭角に打ち込むとスピンがよくかかってピタッと止まってくれる。

スコップでサクッと土を削るような、、、とにかく切れ味が鋭いから、気持ち良く打ち込むことが出来る。

打感はやっぱり素晴らしい。このつかまる感触がたまらない。軟鉄ってこんなに柔らかいものかと思うほどソフトな感触で、フェースがグニャ〜っとたわみながらボールをつかまえてくれる。とっても心地いい。

このインパクト瞬間にいろんな情報が手のひらに伝わってきて、狙った地点の前後左右に何ヤードぐらいズレたのか、瞬時に解る。そのおかげで、操作性も抜群にいい。

7番アイアンでも、ウエッジでコントロールするかのように球を操りたくなる。打感の評価は最高点を付けたい。

上下の打点のブレには強くなったが、やっぱりマッスルっぽさは健在です。ドローやフェードが打ちやすい反面、ミスに寛容という訳にはいかない。ミスはミスとして結果になるが、その原因を分析しやすい。

どんな弾道でピンを狙うのか創作意欲が湧いてくる、、、打ち方のいろんなバリエーションを持つと、ピン位置や、ライや、風の状況に応じてショットを打ち分けることができる。飛び過ぎのミスが出ないから、スコアをまとめやすい。

上級者がコースを戦略する喜びを得るための良きパートナーになってくれるアイアンです。上級者限定というほどハードルは高くないし、アイアンをもっと練習して上達したいゴルファーにも使って欲しい。

こちらのレビューも参考になります→2018年にピンを刺すための おすすめマッスルバックアイアン6選

シャフトは

シャフトは、AMT TOUR WHITE(Dynamic Gold AMTの名前が変更になった)と、N.S.PRO MODUS³ TOUR 120  の2種類の重量スチールシャフトのみのラインナップとなる。
タイトリスト 718 MB アイアン が、安く購入できる。しかも、打って合わなかったら9割保証で。

まとめ

タイトリスト 718MB アイアンは、よりやさしくなって、さらにカッコ良くなったマッスルバックアイアンです。

・よく拾う
・よくつかまる
・抜けがいい
・柔らかい打感
・抜群の操作性
・かっこいい

タイトリストの MB アイアン は、キング・オブ・アイアンだと思う。これはやさしくなったしスコアアップに繋がりそうだから、久しぶりにマッスルが欲しくなった。

【総合評価 8.4】
飛距離  7
やさしさ  8
弾道の高さ  8
つかまり  9
構えやすさ  9
操作性 10
打感 10

 - Titleist, アイアン