楽しい GOLF LIFE

間違わないゴルフ用品選びで飛距離アップ、スコアアップ。ライバルに差をつけてゴルフをエンジョイしましょう。

タイトリスト718 CB,AP2,AP3アイアンを打ち比べて分かった事

      2017/12/18

Titleist 718 CB、718 AP2、718 AP3 の3つのアイアンを打ち比べてみました。どれが一番いいのか、どんな違いがあるのか、比較しながらたっぷり試打したので、その評価と感想をレビューします。

試打クラブ

①「タイトリスト 718 CB アイアン」(718 CB の試打の評価はこちら)
【番手】
7番(34°)
【シャフト】
MODUS3 TOUR 120 (S)

②「タイトリスト 718 AP2 アイアン」(718 AP2 の試打の評価はこちら)
【番手】
7番(33°)
【シャフト】
MODUS3 TOUR 120 (S)

③「タイトリスト 718 AP3 アイアン」(718 AP3 の試打の評価はこちら)
【番手】
7番(30°)
【シャフト】
MODUS3 TOUR 105 (S)

718 アイアン シリーズ

タイトリストの「718 アイアン シリーズ」は全部で6種類ある。マッスルバックの「718 MB アイアン」(鍛造)、ハーフキャビティの「718 CB アイアン」(鍛造)、キャビティバックの「718 AP2 アイアン」(鍛造)、ポケットキャビティの「718 AP1 アイアン」(鋳造)、中空&キャビティの「718 AP3 アイアン」(鋳造)、そして一足先に発売された中空構造の「718 T-MB アイアン」(鋳造) の計6種類。鍛造と鋳造が3モデルずつになった。MBはトップアスリート向け、AP1はアベレージ向けで両端の位置付け、T-MBは、かなり高価格なので別枠って感じがする。となると今回打ち比べた3タイプのキャビティにどのような違いがあるのか、検証したくなったのです。

外観を比べると

上の写真は左から、CB、AP2、AP3。順にソール幅が広くなっているのがよく分かります。

構えてみると、左から、CB、AP2、AP3の順に顔が大きくなっているのがよく分かります

打ってみたら

打って比較してみると、

【飛距離】

CBよりもAP2の方が3〜5ヤード飛ぶ。AP2よりもAP3の方が12〜15ヤード飛ぶ。CBとAP3のロフト角は1番手分の差、シャフトは同じ長さ、それで15〜20ヤードも違う。となると、、、やっぱりAP3の飛距離性能は優れている。

【打感】

やっぱりCBの打感は素晴らしい。フェースがターンした時の感触は絶品です。AP2の打感も悪くないが、センターとオフセンター時の打感の違いがやや小さい。CBと打ち比べると、オフセンターでも悪くない代わりにセンター時の打感があと一歩欲しいと感じてしまう。まあ、比べなきゃ大満足ですが。。。AP3もなかなかいいけど、こうして同時に打ち比べると、やっぱり鋳造アイアン的な乾いた感触が顔を覗かせる。それでも十分に柔らかくて気持ちいいアイアンです。

【弾道】

CBとAP2の球の高さはほとんど変わらない。どちらも中高弾道でよくスピンがかかって、軽いドローボールになる。AP3はロフトが立ってるのに少し高めの弾道でドロー回転がかからず真っ直ぐに飛ぶ。薄めにヒットしても高く上がり、予想よりも10ヤードぐらい先に着弾する。

【つかまり】

CBは、本当によくつかまる。最新のアイアンって時々慣性モーメントが邪魔に感じる時があるけど、これは思い通りにつかまります。かなりつかまる。つかまった高弾道が打ちやすい。逆に手首のローテーションが多いと引っかかりやすい。振り遅れるとミスになる。。AP2は、それらの動きに少しずつ制限をかけているような感じがする。つまり、つかまり過ぎないし、振り遅れてもミスにならない。AP3は、自然につかまります。余計な動作は禁物。手と体に一体感があれば気持ちよくつかまってくれる。

【操作性】

CBは操作性がいい。AP2もいい。どちらも甲乙つけ難いが、CBの方が球を無制限に曲げられる感じがする。AP3の操作性は一般的には悪くないが、この中では比較にならない。

【安定感】

アスリートにとって安定感は、曲げたい時に曲げられ、高低の打ち分けも出来て、距離感も出しやすく、ミスに強い。となると断然AP2に軍配があがるが、セミアスリートレベルにとって安定感は、ミスした時の寛容度ということになるので、AP3が突出している。

まとめ

私は「716 CB アイアン」を愛用してるので、前モデルとの違いがよ〜くわかりますが、「718 CB アイアン」は全体的に進化しています。やさしくなったし、操作性も打感もいい。わずかな違いですが買い替えたくなる。。。「718 AP2 アイアン」は、アスリートがよりやさしくピンを狙えるように進化しています。CBよりも進化の幅が大きい。やさしくなったのが印象的です。この2モデルは前モデルよりはキャラの違いがある。は迷わないけど、やっぱり両方とも欲しくなってしまう。。。。

「718 AP3 アイアン」は、セミアスリートだけじゃなく、アベレージゴルファーも十分に満足出来るアイアンです。飛距離性能は素晴らしいし、打感もいい。私は、飛びすぎちゃうからNGだけど、アイアンに飛距離を求めるアスリートも使って欲しい。このAP3はマジで素晴らしいアイアンです。見事にタイトリストファンの隙間を埋めてくれた。タイトリスト入門者も増えそうです。

私は、CBとAP2が両方とも欲しくなってしまったけど、、、これは困った。。。
こちらの記事も参考にして下さい2018年に全ゴルファーがやさしく狙えるお勧めアイアン7選)、(アスリートの2018年はこれに決まり!プロも使うやさしいアイアン7選

 - Titleist, アイアン