楽しい GOLF LIFE

ゴルフギアの口コミサイト「間違わないゴルフ用品選び」

タイトリスト 718 CB アイアン の試打&評価

      2018/09/07

Titleist(タイトリスト) 718 CB アイアン を試打しました。どんなクラブなのか評価と感想をレビューします。

試打クラブ

【番手】
7番(34°)
【シャフト】
・ MODUS³ TOUR 120 (S)
・AMT TOUR WHITE (S200)

718 アイアン シリーズ

タイトリストの「718 アイアン シリーズ」は全部で6種類ある。

マッスルバックの「718 MB アイアン」(鍛造)
ハーフキャビティの「718 CB アイアン」(鍛造)
キャビティバックの「718 AP2 アイアン」(鍛造)
ポケットキャビティの「718 AP1 アイアン」(鋳造)
中空&キャビティの「718 AP3 アイアン」(鋳造)
そして一足先に発売された中空構造の「718 T-MB アイアン」(鋳造) の計6種類。

鍛造と鋳造が3モデルずつになった。

タイトリスト718 CB,AP2,AP3アイアンを打ち比べて分かった事

構えてみると

構えてみると、少し分厚くなったトップブレードの影響からか、フェース面が大きく見え安心感が増した。

でも基本的には従来の「CB」の顔と変わっていないので、一安心。。。

ストレートネックの操作しやすそうな伝統的な顔で、メーカー側もこれはもう大きく変えられない。アスリートアイアンの世界のスタンダードの顔と言える。

試打の評価は

打ってみると、柔らかいフェース全体がボールを包み込みながらヘッドがターンする。その後ゆっくりとボールをリリースして、多めのスピン量で狙った地点に着弾してよく止まってくれる。

その動作の全てが手に伝わってくるこの打感に、敬意を払いたくなるほど素晴らしいです。

つかまりがいいのも先代の「716 CB アイアン」から受け継がれている。

ドローボールを打つとよく飛んでくれるから、飛距離性能と言っていいのかが微妙だが、フェースコントロールができるレベルの上級ゴルファーが思い通りに飛距離を稼ぐ事が出来る。

その反面、手首をロックさせてコントロールショットを打つと、飛び過ぎる事もなく距離感が出しやすい。

1クラブ大きめでも小さめでもピンを攻める事が出来るので、ライや風の状況に応じて3番手ぐらいの選択肢が生まれるのです。ここがこのクラブの一番評価したい点です。

前モデルの「CB」よりも、若干ミスに強くなった印象。

フェイスの下部でよく拾うのと、フェースの上部での飛距離のロスが少ないように感じる。深く打ち込んだ時の抜けの良さも向上した。実際にコースでフェアウエイバンカーやラフから打ってみると、その差がもっと大きく感じるかもしれない。

操作性も向上したし、打感もよりマイルドになった。

7番で34度というノーマルロフト設計のアイアンなので、番手間のロフト差が5番からPWまで全て4度刻みの設定になっている。これがこのモデルのメリットの一つでもある。

アイアンは腕を上げてくると、飛距離よりもピンまでの距離を合わせる方が重要になってくる。他メーカーの最近のアスリートアイアンはセミストロングロフトが主流になってきたので、このロフト設定が、私が「CB」や「MB」を使い続けたい要因の一つである。

やさしくなっても、ミスに寛容といった感じではない。フェースコントロールがしやすいので、上級者がやさしく操作できるアイアンだが、ミスしてもちゃんと飛んでくれるアイアンではない。

こちらも参考になります→2018年上級者にオススメしたい ハーフキャビティ・アイアン5選

シャフトは

シャフトは、AMT TOUR WHITE(Dynamic Gold AMTの名前が変更になった)N.S.PRO MODUS³ TOUR 120 、N.S.PRO 950GH  の3種類のスチールシャフトがラインナップされている。
タイトリスト 718 CB アイアン が、安く購入できる。しかも、打って合わなかったら9割保証で。

まとめ

タイトリスト 718CB アイアンは、前モデルの良さを引き継いだ正常進化モデルです。操作性に磨きがかかって、やさしさが向上した。打感も凄い!

・よく拾う
・よくつかまる
・柔らかい打感
・フェースコントロールしやすい
・かっこいい

2年に1度やってくる、このワクワク感がたまらない。タイトリストのアイアンは、他メーカーでは得られない満足度がある。これは欲しい。。。

【総合評価 8.7】
飛距離  8
やさしさ  8
弾道の高さ  8
つかまり  9
構えやすさ  9
操作性 10
打感 10

 - Titleist, アイアン