楽しい GOLF LIFE

ゴルフギアの口コミサイト「間違わないゴルフ用品選び」

Titleist タイトリスト 718 AP2 アイアン の試打&評価

      2018/09/07

Titleist(タイトリスト) 718 AP2 アイアン を試打しました。どんなクラブなのか評価と感想をレビューします。

試打クラブ

【番手】
7番(33°)
【シャフト】
・ MODUS³ TOUR 120 (S)
・AMT TOUR WHITE (S200)

718 CB、AP2、AP3アイアン を打ち比べて分かった事

人気のAP2

「AP2 アイアン」は、初代から数えて早くも6代目になる。

タイトリストといえば、ハードなアスリート向けアイアンのイメージが先行するが、アスリートにちょっとやさしいモデルとしてかなり人気が出た。

意外にもツアーで活躍するトッププロの使用者が多く、ジョーダン・スピースの使用はあまりにも有名である。

MB、CB、AP2 がプロが主に使う3兄弟だが、プロが使うから売れるというのもタイトリストの特徴かもしれない。

(以前のレビュー→タイトリスト 716 アイアン 3タイプどれを選んだら正解か

日本国内では、歴代のAP2の人気も評価もかなり高い。

前作の「716 AP2 アイアン」

構えてみると

構えてみると、引き締まった小ぶりの顔は、薄いトップブレードのトゥ側が高くネック側が低い。

いかにもつかまりそうな雰囲気がある。ストレートに近いネック形状はターゲットに構えやすく、球筋のイメージが湧いてくる。アスリートが安心して構えられる満点の顔です。

バックフェースのデザインが一新され、一目で新作と分かるカラーリングになった。とってもかっこいい。

試打の評価は

打ってみると、かなりソフトな打感で、よく拾いよくつかまってくれる。センターでヒットすると、中高弾道で狙った方向に飛んでよく止まってくれる。その飛距離はロフト角が33度と思えないぐらいよく飛ぶ。

打点がブレても飛距離のロスが少ないし出球の方向が安定している。トップ気味でもキャリーが出てくれるから、かなり楽に拾ってくれる印象です。

前モデルよりも、タングステンウエイトの配置がより効果的になったのか、スイートエリアが広くなった。オフセンター時の寛容性が向上したのと同時に、センターでヒットしやすくなった。

普通に打てば自然にターンしてつかまってくれるから、とっても気持ちよく振り抜けて、ナイスショットが連発します。インパクトで脱力するとフェースが返りスパッとターフを取ってくれるような感覚がとっても心地いいし、ラフからも打ちやすそう。

何発も何発も打ち続けたくなるような、これは一種の快感です。。。

しかも、操作性が抜群にいい。そのフェースとボールのコンタクトの状況がコマ送りのように解りやすく手に伝わってくるから、ドローもフェードも自在に打てるし、縦の距離感も出しやすい。

打感も確実に向上した。前モデルの少し乾いた感触が払拭され、柔らかくて分厚い打感になった。

これはやさしさを求める中上級者がターゲットです。

日本使用は、US仕様と比べて1度ずつロフトが立っているが、やさしさと飛距離の両方を求めるアスリートが多いので、日本人を満足させるオリジナル性が嬉しい。

ライバルアイアンは(アスリートの2018年はこれに決まり!プロも使うやさしいアイアン7選)に詳しくレビューしました。

シャフトは

シャフトは、AMT TOUR WHITE(Dynamic Gold AMTの名前が変更になった)N.S.PRO MODUS³ TOUR 120 、N.S.PRO 950GH  の計3種類のスチールシャフトがラインナップされている。
タイトリスト 718 AP2 アイアン が、安く購入できる。しかも、打って合わなかったら9割保証で。

まとめ

タイトリスト 718AP2 アイアンは、見事に進化した。打感も、やさしさも、操作性も、全てが手に入るからワンランク上のゴルフが組み立てられる。

・よく拾う
・よくつかまる
・柔らかい打感
・ワイドなスイートエリア
・操作性がいい
・やさしい

本当に素晴らしい!! これを試打したら、もう前モデルは使えなくなりますよ。今回の718アイアンは全部いいから迷ってしまうけど、これが本命かなぁ。。。

【総合評価 8.8】
飛距離  8
やさしさ  9
弾道の高さ  8
つかまり  9
構えやすさ  9
操作性 9
打感 10

 - Titleist, アイアン