楽しい GOLF LIFE

ゴルフギアの口コミサイト。間違わないゴルフ用品選びで飛距離アップ、スコアアップ。ライバルに差をつけてゴルフをエンジョイしましょう。

タイトリスト 716AP1 アイアンの試打&評価

      2017/12/17

タイトリスト 716 AP1 アイアン を試打しました。評価と感想をレビューします。

IMG_3273

タングステンを挿入によって低重心・深重心設計に

最初の印象は、かなり球が上がりやすいです。弾道が強いです。めっちゃ飛びます。フェースの反発力が上がったように感じました。鋳造なのに柔らかい感触。ミスしても距離が落ちないし音もまずまずです。

IMG_3276

シャフトはタイトリスト MCI 60(フジクラ社製)

先中調子でトルク3.5 手元がしっかりで暴れないしタイミングをとりやすいです。ヘッドの重みを感じやすくて、シャフトのねじれも気にならない。そしてゆっくり振ると先が走ってよく飛びます。本当に気持ち良く振り抜けるシャフトです。「カーボンは不安」というゴルファーには、MCIをお勧めします。重量はNSプロ950GHよりも30gほど軽いのですが、しっかり感があるので違和感はありません。すぐに慣れると思います。
IMG_3270

構えやすい顔。セミグースでシャープな印象です。

ロフト角は7番アイアンで30度

7番アイアンのロフト

  • スリクソン Z545 アイアン 31度
  • TaylorMade AEROBURNER 29度
  • BRIDGESTONE JGR FORGED 31度
  • Callaway XR アイアン 30度
  • タイトリスト VG3 30度
  • タイトリスト VG3TYPE-E 29度
  • ゼクシオ・ナイン 30度

タイトリスト 716AP1 アイアンのロフト角はストロングロフトですが、競合されるであろうと予想される各メーカーの背負う品のロフト角とあまり差がありません。ほぼ横並びですね。7番で30度っていうのも普通になってきましたね。それにしてもよく飛びます。

IMG_3271

かっこいいバックフェースデザイン!そして、よく飛ぶ、安定した球筋、柔らかい打感、カーボンもスチールも両方打ちやすい。お値段もお値打ちなんですよね。

飛距離 5
構えやすさ 4.5
デザイン 4
打ちやすさ 4.5

 - Titleist, アイアン