楽しい GOLF LIFE

ゴルフギアの口コミサイト。間違わないゴルフ用品選びで飛距離アップ、スコアアップ。ライバルに差をつけてゴルフをエンジョイしましょう。

タイトリスト 716MB アイアン の試打&評価

      2018/08/08

Titleist 716 MB アイアン を試打しました。評価と感想をレビューします。

MBは、やっぱり頂点ですね。打感は相変わらず最高でした。これをキャディバッグに入れると、打ちっ放しに行くだけでワクワクしちゃいます。早速マッスルバックアイアンのベンチマークはどう進化したのか、レポートしますね。

IMG_3284タイトリスト716MB・7iron・ダイナミックゴールドAMT・S200

714MBと比べると

前回のモデル714MBと比較すると、、、打感の違いは正直言って、、、違いが分かりません。少し抜けが良くなった感じがします。打感は相変わらず柔らかくて最高。ちゃんと芯で捕らえると、それだけで楽しくなってしまいます。構えた時の顔も、ほとんど変わらないですね。
ターゲットを突き刺す感じ↓(気持ちだけですが)

IMG_3257

シャフトが フロー設計の新シャフトダイナミックゴールドAMTになったのでロングアイアンが楽に振れます。マッスルバックはダウンブローに打ち込みたいのでフロー設計のシャフトが、がなかなか効果的です。フロー設計はショートアイアンが重くて打ち込みやすい。この新シャフトは、私の打ち方だと716CBよりも716MBの方がベストマッチですね。

飛距離は

飛距離は716CBの方が平均的によく飛ぶ。ロフト角が7番で1度違うが、それ以上に差があります。飛距離の差は毎回の傾向ですが、今回の716CBが以前よりもよく飛ぶので差が広がった感じ。それよりも、716 MB は飛距離のばらつきが少ないので、安心してピンを狙えますね。実際にコースで体験したい。

IMG_3259

MBのデザインは上級者のオーラ出まくり。

マッスルバックはオーソドックスなデザインがいいですね。MIZUNO MP-5、BRIDGESTONE J15MB、SRIXON Z945、、、みんな美しいです。でも、タイトリストのマッスルバックが一番って思っちゃいます。こういうアイアンがキャディバッグから顔を出しているとアスリートって感じがしますね。上級者好みです。

ますます上を目指したいゴルファーに

以前より優しくなったが、それなりに難しいのは間違いない。5球ほど打ってから、716CBに持ち替えて打つと打感がかなり硬い感じがします。やはり、違いは歴然ですね。この柔らかさがMBを選ぶポイントです。そしてミスの原因をを早めに修正したい方、球筋を打ち分けたい方にオススメです。

IMG_3260

構えやすいし、打ちやすいし、カッコイイし、頑張って練習しようかなって思っちゃいます。

飛距離 3.5
構えやすさ 5
デザイン 5
打ちやすさ 4

旧モデルとの差があまりありませんが、欲しい時が買い時かなって思います。

このアイアンを大事に一生使い続けるのも素敵ですよね。

 - Titleist, アイアン