楽しい GOLF LIFE

ゴルフギアの口コミサイト。間違わないゴルフ用品選びで飛距離アップ、スコアアップ。ライバルに差をつけてゴルフをエンジョイしましょう。

ゼクシオ9 フェアウェイウッド の試打&評価

      2017/11/14

DUNLOP  XXIO9 (ダンロップ ゼクシオ ナイン) フェアウェイウッドを試打しました。どんなクラブなのか評価と感想をレビューします。

試打クラブ
【番手】
5番(18°)
【シャフト】
・ゼクシオ MP900 オリジナルカーボンシャフト (S)
・ゼクシオ MP900 オリジナルカーボンシャフト (SR)

2000年に初代ゼクシオドライバーが発売になってから、2年ごとにモデルチェンジが行われ、この9代目のゼクシオナインは2016年モデルとしてリリースされた。「XXIO9 シリーズ」は発売になってから1年半経っても、相変わらず売上ランクの上位を維持し続ける大人気商品である。XXIOは、なんとデビューから17年連続で年間売り上げNO.1!この記録がどこまで続くのか見ものです。

ドライバー、フェアウェイウッド、ユーティリティ にはアベレージゴルファー向けの「レギュラーモデル」と、セミアスリート仕様の「Miyazaki モデル」の2種類ある。フェアウェイウッドの番手バリエーションが5種類あるのもゼクシオの特徴である。(3番15°、4番16.5°、5番18°、7番20°、9番23°)

ツアープロも使用するゼクシオナイン

女子ツアーを観戦すると、最近ますますアイアンの本数が減ってきたようです。ユーティリティ派とフェアウェイウッド派に分かれるが、後者は、ゼクシオ愛好者がたくさんいる。7Wや9Wを実に見事に使いこなして、見事に高い弾道でピンを攻めています。

構えると

構えると、紺色の美しい丸型のヘッドは、ドライバーと同様でトゥ側とヒール側にややバルジがあり、引っ掛けやプッシュのミスに強そうな顔。シャローフェース、シャローバックで、どっしりと座りが良く、いかにも球が上がりそうな安心感がある。他社のライバルと比較すると、やや小ぶりなサイズで、いろんなライから打ちやすい雰囲気。少しだけフックフェースで、スライサーがつかまりが良さそうに見え、構えやすい。

打ってみると

打ってみると、軽さとバランスの良さが、いつも以上にヘッドを走らせてくれて、フィニッシュまでスムーズに振り抜けます。インパクトを意識しなくても、よくつかまって、よく拾ってくれる。フェースが大きく弾いて、少なめのスピン量の高弾道で安定した飛距離になる。インパクトでオートマチックに球を拾ってくれるので、小さめのバックスイングで、ノーコックで払い打ちするだけで、大きなキャリーボールになります。球筋も、飛距離も安定するし、ミスにならない。オフセンターでヒットしても、左右の曲がり幅が小さい。

心地よい打感、つかまり、上がりやすさ、飛距離、構えやすさ、どれもがゼクシオナイン ドライバーとよく似てる。ドライバーもフェアウェイウッドも同じタイミングで球をとらえる事が出来る。アベレージゴルファー向けのフェアウェイウッドには、これが大事です。せっかくいいティーショットを打ったのに、2打目のフェアウェイウッドで、チョロやチーピンなどの大ミスが出てしまったら台無しです。でも、さすがゼクシオ。バランスが良く、タイミングを合わせやすい。番手が変わっても同じ感覚で振りやすい。アイアンからドライバーまで、フルセットでゼクシオを揃えるゴルファーが多いが、よく理解できます。

ゼクシオのライバルたち

アベレージゴルファーにとって、究極の打ちやすいフェアウェイウッドと言ってしまっても、言い過ぎじゃないかも。各クラブメーカーがゼクシオをターゲットに試行錯誤して新作を投入してくるが、その商品力は、かなり高レベルでの争いになっている。王者ゼクシオの足元を揺るがすモデルが続々と登場してきたのです。選択肢が増えるのはゴルファーにとって、有り難いこと。テーラーメイドのグローレF2 FWはこれよりアスリート感が強いから「Miyazaki Model」との競合になる。本間ゴルフのBe ZEAL(ビジール) 525 FWの打ちやすさと比べると甲乙つけがたい。キャロウェイのBIG BERTHA BETA フェアウェイウッドも凄い。HeavenWood(ヘブンウッド)の飛びと打ちやすさ目からウロコが落ちます。

シャフトは

シャフトは、「ゼクシオ MP900 カーボンシャフト」の4種類のフレックス(S)(SR)(R)(R2)から選ぶことになる。このシャフトは、先が走るというより、全体がしなって、ヘッドスピードが上がる感じで先の動きは抑えめ。バタバタせず、落ち着いた動きで合わせやすい。(S)シャフトで、ヘッドスピードが39〜42m/sぐらい。(SR)シャフトで、ヘッドスピードが37〜40m/sぐらい。軽いクラブが好みのゴルファーにオススメ。もう少し重くてトルクが少ないシャフトを求めるなら、「ゼクシオ9 Miyazaki モデル」がある。これは、シャフト次第で、すべてのゴルファーを満足させるフェアウェイウッドです。
ゼクシオ ナイン フェアウェイウッド が、安く購入できる。

まとめ

DUNLOP  XXIO9 (ゼクシオ ナイン) フェアウェイウッド は、とても打ちやすい。楽につかまり、ミスに強い。

・自然にフェースがよくつかまえてくれる
・よく拾う
・高弾道
・ミスに強い
・よく弾き、強い弾道

ずっとベストセラーを維持し続けるだけのパフォーマンスは、やっぱりすごい。本当に打ちやすい。プロゴルファーがシャフトをカスタムして使いたくなるのも、当然ですね。

飛距離 4.5
構えやすさ 4.5
デザイン 4.5
打ちやすさ 5
操作性   3.5
打感 4

 - XXIO, フェアウェイウッド