楽しい GOLF LIFE

間違わないゴルフ用品選びで飛距離アップ、スコアアップ。ライバルに差をつけてゴルフをエンジョイしましょう。

ゼクシオ テン アイアン の試打&評価

      2017/12/17

DUNLOP  XXIO Ⅹ (ダンロップ ゼクシオ テン) アイアン を試打しました。どんなクラブなのか、評価と感想をレビューします。

試打クラブ
【番手】
7番(29°)
【シャフト】
・ゼクシオ MP1000 オリジナルカーボンシャフト (S)
・N.S.PRO 870GH DST for XXIO スチールシャフト (S)

ウッド系と同様にカラーが「ネイビー」と「レッド」の2色から選べる。ヘッドのカラーに合わせたカラーシャフトとカラーグリップ がそれぞれに装着されている。「ゼクシオ テン アイアン」は、最近主流の6番〜PWの5本セットの販売で、4番、5番、AW、SW は、単品で販売される。

        レッド

スペックの変更点は

ゼクシオ10は、4番〜AWの全番手のロフトが1度ずつストロング化された。(SWは同じ)  スチールシャフトの長さは変わっていないが、カーボンシャフトは0.25インチずつ長くなって、4番〜8番のライ角が0.5°アップライトになった。飛距離とつかまりを意識した設定になったようだ。

「NEW ゼクシオ フォージド アイアン」もあるが

ゼクシオシリーズのアイアンには、ちょうど1年前にリリースされたセミアスリート用の「NEW ゼクシオ フォージド アイアン」がある。「ゼクシオ ナイン アイアン」とロフト角、ライ角、は同じ設定で、スペックがほぼ一緒だった。シャフトの重量差が大きな選択のポイントになっていたが、なんだか疑問を感じた。もう少し差別化をしてもいいような気がしたが、その辺りが今回考慮されたように思う。ゼクシオのユーザーからすると嬉しい設定になったと言える。

構えてみると

構えると、ラージフェース、分厚いトップブレード、適度なグースネックが、やさしく球をとらえてくれそうな安心感がある。前モデルよりも全体的に少しだけ丸みを帯びて、さらに構えやすくなっている。前モデルと変わらないフェースプログレッションで大きさもほとんど一緒。もうこれは大きく変えられない究極のやさしい顔なのかな。変える必要もないと思う。大きく変わらなくて安心しました。

ソール幅が厚くなって、かなり重心が深くなったのがよく分かる。でも、構えた時にバックフェースの分厚いポケットが見えないのもゼクシオならではの設計の巧さです。

打ってみると

打ってみると、実に振り抜きやすく、よく弾きよく拾って高弾道で狙い通りに飛んでくれる。深重心設計の効果がリアルに弾道に現れ、出球の方向が揃ってくれるし曲がり幅が少ない。飛距離は前モデルよりも確実に飛んでるが、安定感も素晴らしい。ミスヒット時の寛容性はライバルよりも1歩リードしているし、もちろん前モデルよりかなり進化している。やっぱゼクシオはすごい!

大きめのチタンフェースは、スイートエリアが広くミスにならない。引っかかりもプッシュもしない。アベレージゴルファーは、ミスヒット時にどんな結果になるのかが大事です。これは意識的にオフセンターで打っても、全部ほぼナイスオンの範囲に収まってくれる。。。アイアンってこんなに簡単だったかなぁ、、、ダフっても、トップしてもナイスオン、、どんな打ち方をしても曲がらない。

普通に打てば打点がブレない。ナイスショットの確率が多いから「芯食い体験」が連発できます。だいたい芯で捕まってくれるのでその打感に酔いしれてしまう。。。この極薄チタンフェースのセンターでヒットすると、まるでスポンジボールを打つような超ソフトな感触。。。軟鉄鍛造のような柔らかさではないし、インパクトの情報が細かく伝わってくるマッスルバックのようなアスリート感もない。これがゴルファーにとって理想的な打感かと聞かれれば首を傾げたくなるが、心地よさは絶品です。手首や肘に負担がかからないし、何しろ柔らかいから気持ちいい。。

芯でとらえると、まずまずのスピン量になるが、操作性は苦手。曲がらないから曲げられない。ターゲット層からすると、そんな必要はない。芯で打つ確率が高いし、ミスヒットでもグリーンに乗ってくれる。こりゃスコアアップするでしょう。。

シャフトは

シャフトは、「ゼクシオ MP1000 カーボンシャフト」の4種類のフレックス(S)(SR)(R)(R2)と、N.S.PRO 870GH DST for XXIO スチールシャフト の2種類のフレックス (S)(R)から選ぶことになる。

カーボンシャフトは、前モデルよりもかなり軽くなった印象。シャフトの重量が1割ぐらい軽くなって、全体重量も5〜7g程度軽くなった。全体がしなって、よくつかまる。振り抜きやすくボールにコンタクトしやすい。スチールシャフトは890から870に変わり、2g軽くなった。そのまま全体重量も2g軽くなっている。N.S.PRO 950GHよりも1ランク軽い感じで振り抜きやすい。

値上げラッシュのゴルフギア業界だがゼクシオ テン シリーズ はお値段据え置き。このアイアンも前モデルと同プライスです。ゼクシオ テン アイアン が安く購入できる。

まとめ

DUNLOP  XXIO Ⅹ (ダンロップ ゼクシオ テン) アイアン は、芯を食いやすく、飛距離もこれまで以上に飛ぶ。やさしくナイスオンできるアイアンです。

・よく拾う
・高弾道
・よくつかまる
・ミスに強い
・ナイスショットしやすい
・ぶっ飛び

究極だと思った前モデルからこれほど進化するなんて、驚きです。アイアンショットがやさしくなるのは間違いない。

飛距離 5+
構えやすさ 4
デザイン 4
打ちやすさ 5
操作性 3
打感 4.5

 - XXIO, アイアン