楽しい GOLF LIFE

ゴルフギアの口コミサイト「間違わないゴルフ用品選び」

ゼクシオ9 ドライバー Miyazaki Model の試打&評価

      2018/09/10

DUNLOP  XXIO9 (ダンロップ ゼクシオ ナイン)ドライバー Miyazaki Model(ミヤザキモデル) を試打しました。どんなクラブなのか評価と感想をレビューします。

試打クラブ

【ロフト】
9.5°
【シャフト】
・Miyazaki Melas カーボンシャフト(S) 45.5インチ
・Miyazaki Melas カーボンシャフト (SR) 45.5インチ

ロフトバリエーションはレギュラーモデルの5種類よりも少なく、3種類。(8.5°、9.5°、10.5°、)

構えてみると

構えると、黒い美しい丸型のヘッドは、レギュラーモデルの色違いだが、こちらの方が引き締まって見える。トゥ側とヒール側にややバルジがあり、引っ掛けやプッシュのミスに強そうな顔。

シャローフェース、シャローバックで、どっしりと座りが良く、いかにも球が上がりそうな安心感がある。フックフェースのレギュラーモデルと違い、フェースがスクエアにセッティングされているように見える。

打ってみると

打ってみると、レギュラーモデルより全体重量が22g重い適度な重量感が、スイングプレーンを安定させてくれる。トルクも減り、シャフトの無駄な動きが削り取られて、振りやすい感じがする。

レギュラーモデルのヘッドと比べると、カラーリング以外は基本的に同じだが、1gだけ重くなっている。その微調整の効果なのかシャフトとのバランスが良く、見事に振り抜きやすい。このミヤザキシャフトとの組み合わせは、やさしくてよくつかまり、高弾道でよく飛ぶ。しかもミスに強い。

普通のシニアの体力があれば、このヘッドの素晴らしさが引き出すことができる仕様です。

リストターンを使って「パチン!」と打ってもつかまるし、ノーコックのボディターンでゆったり振ってもよくつかまる。やや体力が落ち目の練習嫌いのエンジョイゴルファーのために作られたような打ちやすさ。これなら練習しなくても、フェースに当たりそう。。

ドライバーは金づちと一緒で、ある程度の重量感がある方がボールにコンタクトしやすいものです。レギュラーモデルはかなり軽いので、不安な感じがする人もいるかもしれないが、これは非常に合わせやすい。心地よい打感で、つかまり過ぎないし、直進性抜群です。

弾道は高めのストレート。丁度いいスピン量で、力強いキャリーが出る。とてもいい弾道です。そして、フェースのバルジの効果で、プッシュ気味に出た球がドロー回転で戻ってくるし、引っ掛かりがスライス回転で戻ってくる。特にヒール側のヒットの飛距離のロスも少ない。引っ掛かりのミスが出そうな気持ち悪さが、全然ない。

「ゼクシオだけはまだ使いたくない」っていう意地っ張りのゴルファーが使うと丁度いいかも。ガチでライバルのテーラーメイド グローレF2 ドライバー の方が、ほんのちょっと味付けがアスリートっぽい。ゼクシオナイン Miyazaki Model の方がやや楽な感じがする。 でも、どちらを購入しても後悔しないレベルです。

シャフトは

シャフトは「Miyazaki Melas カーボンシャフト」の3種類のフレックス(S)(SR)(R)から選ぶことになる。

このシャフトは全体がしなって、ヘッドスピードが上がる感じで先の動きは抑えめ。レギュラーモデルの「ゼクシオ MP900 カーボンシャフト」を重くして、トルクを減らした感じ。キックポイントの違いは感じない。とても振りやすく合わせやすい。

(S)シャフトで、ヘッドスピードが41〜45m/sぐらい。(SR)シャフトで、ヘッドスピードが39〜43m/sぐらい。

まとめ

DUNLOP ゼクシオ ナイン ドライバー Miyazaki Model は、ボールにコンタクトしやすく、とても打ちやすい。ゼクシオナインのヘッドの長所を最大限に引き出してくれる。

・丁度いい重量感
・自然にフェースがよくつかまえてくれる
・高弾道
・優れた方向性
・ミスに強い
・よく弾き、強い弾道

やさしいヘッドにしっかりシャフトは、最良の組み合わせです。合わせやすいから、練習嫌いのゴルファーにもオススメ。。

飛距離 5
構えやすさ 4.5
デザイン 4.5
打ちやすさ 5
操作性   4
打感 4

 - XXIO, ドライバー