楽しい GOLF LIFE

ゴルフギアの口コミサイト「間違わないゴルフ用品選び」

ゼクシオ 10(テン) フェアウェイウッド ミヤザキ モデル の試打&評価

      2018/09/08

DUNLOP  XXIO 10 FW(ダンロップ ゼクシオ テン フェアウェイウッド) ミヤザキモデル を試打しました。どんなクラブなのか評価と感想をレビューします。

試打クラブ

【番手】
5番(18°)
【シャフト】
・Miyazaki Waena カーボンシャフト(S)
・Miyazaki Waena カーボンシャフト (SR)

ゼクシオ10シリーズのフェアウェイウッド には、前モデルと同様にセミアスリート仕様の「Miyazaki Model」とアベレージゴルファー向けの「レギュラーモデル」の2種類ある

この「Miyazaki モデル」の番手バリエーションが5種類もあるのも引き継がれている。(3番15°、4番16.5°、5番18°、7番20°、9番23°)

前モデルと、ロフト角、ライ角、シャフト長、スイングバランスなどは同じだが、各番手とも重量が4gずつ軽くなった。

構えてみると

レギュラーモデルとの違いはカラーのみで、ヘッド単体は全く同じスペックです。

構えてみると前モデルよりも体積が少し大きくなって、クラウン後方の張り出しが大きく見える。全番手が前モデルよりも大きくなったが5Wは4㎤大きくなっている。

もともと「ゼクシオ ナイン FW ミヤザキモデル」のサイズは他メーカーのライバルと比べると小さめだったので、これで標準的な大きさになった感じ。

シャローフェース、シャローバックで、どっしり感が増した。短くなったネック部分、クラウン部の薄肉軽量化、ソールのフラット化など低重心化のオンパレードである。

試打の評価は

打ってみると、軽く払うだけでしっかりと飛んでくれるし、薄めにヒットしてもナイスショットになる。どの打球も狙い通りに飛んでくれるので、自分でも薄めにヒットしたのかセンターなのか区別がつかない。なんだか全部芯を喰ってるような感じ。

ヘッドが走り、よく拾って、よくつかまる。ヘッドが大きくなったのに、全体重量が軽くなった。その効果がよ〜く分かる。

これはレギュラーモデルと同様にバランスが良くて振り抜きやすい。Miyazaki Waena カーボンシャフトは前モデルよりも軽快な感じです。軽くてビュンっと瞬時に走り抜けるから、芯でボールを捉えやすくなった。フェースがターンするのと同時にシャフトの中央あたりがよくしなって一気にパワー全開になる感じがする。シャフトが仕事をしてくれるから余分なことはしなくていい。

センターでヒットすると大きな飛距離になり3Wが必要ないぐらいに飛んでくれるが、オフセンターでもスピン量が少ない高弾道で力強く飛ぶ。

打感はゼクシオ10のドライバーユーティリティと同じく非常に軽く、インパクトの衝撃がソフトに伝わってくる。芯を外しても悪い打感にならないし、そもそも芯を外す回数が少なかった。ビュンと走ってよくつかまるから、小細工が苦手で操作性はイマイチ。

でもめっちゃミスに強い。フェアウェイウッドが苦手なセミアスリートに是非使ってもらいたい。私も欲しくなってしまった。。。

絶妙なバランスが芯を食いやすくしている。ミスに強いというよりも、芯を食いやすいフェアウェイウッド。打ちやすさの評価は最高点を付けたい。このフェアウェイウッドは「芯食い体験」をリアルに体感できる。

こちらも参考にして下さい→2018年おすすめの打ちやすいフェアウェイウッド8選

シャフトは

シャフトは「Miyazaki Waena カーボンシャフト」の3種類のフレックス(S)(SR)(R)から選ぶことになる。

(S)シャフトで、ヘッドスピードが41〜44m/sぐらい。(SR)シャフトで、ヘッドスピードが39〜42m/sぐらい。価格は前モデルと比べて2,000円安くなった。
ゼクシオ テン フェアウェイウッド Miyazaki Model が、安く購入できる。しかも、打って合わなかったら9割保証で。

まとめ

DUNLOP  XXIO Ⅹ FW (ゼクシオ テン フェアウェイウッド) Miyazaki Model(ミヤザキモデル) は、楽に拾って、芯を食いやすい。

・バランスがいい
・ボールコンタクトしやすい
・よく拾う
・よくつかまる
・高弾道
・ミスに強い
・芯を食いやすい

これは本当に打ちやすい。前モデルから確実に進化している。ミヤザキ シャフトは、ベストマッチかも。

【総合評価 8.8】
飛距離  9
やさしさ  9
弾道の高さ  9
つかまり  9
構えやすさ  9
操作性 7
打感 9

 - XXIO, フェアウェイウッド