楽しい GOLF LIFE

間違わないゴルフ用品選びで飛距離アップ、スコアアップ。ライバルに差をつけてゴルフをエンジョイしましょう。

ゼクシオ テン フェアウェイウッド(レギュラーモデル) の試打&評価

      2017/12/18

DUNLOP  XXIO Ⅹ (ダンロップ ゼクシオ テン) フェアウェイウッド レギュラーモデル を試打しました。どんなクラブなのか評価と感想をレビューします。

試打クラブ
【番手】
5番(18°)
【シャフト】
・ゼクシオ MP1000 オリジナルカーボンシャフト (S)
・ゼクシオ MP1000 オリジナルカーボンシャフト (SR)

「ゼクシオ10」シリーズのFWは、前モデル同様に「レギュラーモデル」と、セミアスリート仕様の「Miyazaki モデル」の2種類ある。番手バリエーションが5種類もあるのも引き継がれている。(3番15°、4番16.5°、5番18°、7番20°、9番23°)今度のゼクシオ10シリーズのレギュラーモデルは「ネイビー」と「レッド」の2色から選べる。ヘッドのカラーに合わせたカラーシャフトとカラーグリップ がそれぞれに装着されている。

構えてみると

構えると、伝統的な美しい丸型のヘッドは、ドライバーと同様でトゥ側とヒール側にややバルジがありギア効果が期待できる。全番手が前モデルよりも大きくなったが5Wは4㎤大きくなっている。もともと「ゼクシオ ナイン FW」のサイズは小さめだったのでこれで標準的な大きさになった感じ。シャローフェース、シャローバックで、どっしりと座りが良く球が上がりそうな安心感が増した。短くなったネック部分、クラウン部の薄肉軽量化、ソールのフラット化など低重心化のオンパレードである。

打ってみると

打ってみると、軽くて振り抜きやすく、インパクトゾーンをヘッドが速く走ってボールをしっかりとつかまえてくれる。バランスの良さは超一級品でシャフトのしなりとヘッドのターンがピッタリと連動して出球の方向が安定する。インパクトで捕まえようとか払い打ちしようとかなど何も考えなくても、オートマチックにボールが捕まって高弾道の放物線を描いてくれる。前モデルは飛距離がそれほど目立つ存在ではなかったが、ゼクシオ テン FW の飛距離性能は前モデルよりも確実に進化している。芯でとらえた時も飛ぶが少々オフセンターでヒットしてもナイスショットと変わらぬ結果になるので、リラックスして自分のスイングをするでけでいい。

軽〜い打感。高弾道で真っ直ぐに飛んでくれる。ゼクシオの不思議な点は、こんなに軽くて柔らかいスペックなのにヘッドスピードが速い私が打ってもバッチリタイミングが合ってしまう。バランスの良さは天下一品です。シャフトが全番手0.25インチずつ長くなった。重量は少し軽くなった。ドライバーと同じようにスペックが変更になっている。心地よい打感、つかまり、上がりやすさ、構えやすさ、どれもがゼクシオナイン フェアウェイウッド から少しずつ進化している。ゼクシオシリーズはドライバーもフェアウェイウッドもハイブリッドもアイアンも、全部が同じタイミングで球をとらえる事が出来る。他のアベレージゴルファー向けのシリーズにはこの統一感がなかなか見つからない。アマチュアゴルファーには、これが大事です。持つクラブが変わってもスイングを変えずに打てるからスコアアップするのは間違いない。

スイートエリアがかなりワイドになった。それに加え低重心化と深重心化が球を持ち上げてくれる。軽くて長くなったシャフトが大きな飛距離を生むが、長くてもコンタクトしやすい。全体的な絶妙なバランスが芯を食いやすくしている。ミスに強いが、芯を食いやすいフェアウェイウッド。「芯食い体験」は、ドライバーよりもフェアウェイウッドの方がより鮮明に体感できる。

シャフトは

シャフトは、「ゼクシオ MP1000 カーボンシャフト」の4種類のフレックス(S)(SR)(R)(R2)から選ぶことになる。このオリジナル軽量カーボンシャフトのしなりがスムーズでボールにコンタクトしやすく、よくつかまる。スイングプレーンに乗せやすいから、かなり軽量なのにダウンスイングでフェースが確実にアドレス時のポジションに戻ってくれる。暴れずによく走る。吹け球が多いゴルファーが、擦らず強い球筋が打てると思う。(S)シャフトで、ヘッドスピードが39〜42m/sぐらい。(SR)シャフトで、ヘッドスピードが37〜40m/sぐらい。軽いクラブでゆったり振りたいゴルファーにオススメ。もう少し重くてトルクが少ないシャフトを求めるなら、「ゼクシオ テン Miyazaki モデル」がある。このレギュラーモデルの価格は前モデルよりも2,000円(税抜)安くなった。
ゼクシオ テン フェアウェイウッド(レギュラーモデル) が安く購入できる。

まとめ

DUNLOP  XXIO Ⅹ FW (ゼクシオ テン フェアウェイウッド) は、楽につかまり、芯を食いやすい。前モデルよりもよく飛ぶ。

・バランスがいい
・自然にフェースに乗る
・よく拾う
・よくつかまる
・高弾道
・ミスに強い
・芯を食いやすい

本当に打ちやすい。FWはドライバーと同じように進化している。FWが得意なゴルファーに変身できるかも。。

飛距離 5
構えやすさ 4.5
デザイン 4.5
打ちやすさ 5
操作性   3.5
打感 4.5

 - XXIO, フェアウェイウッド