楽しい GOLF LIFE

間違わないゴルフ用品選びで飛距離アップ、スコアアップ。ライバルに差をつけてゴルフをエンジョイしましょう。

ゼクシオ テン ハイブリッド Miyazaki Model の試打&評価

      2017/12/17

DUNLOP  XXIO Ⅹ (ダンロップ ゼクシオ テン) ハイブリッド Miyazaki Model(ミヤザキモデル) を試打しました。どんなユーティリティなのか評価と感想をレビューします。

試打クラブ
【番手】
H5(23°)
【シャフト】
・Miyazaki Waena カーボンシャフト(S)
・Miyazaki Waena カーボンシャフト (SR)

ゼクシオ10シリーズのハイブリッド(ユーティリティ) には、前モデルと同様にセミアスリート仕様の「Miyazaki モデル」とアベレージゴルファー向けの「レギュラーモデル」の2種類ある。この「Miyazaki モデル」のロフトバリエーションは4種類(H3 18°、H4 20°、H5 23°、H6 26°)あり、前モデルの ゼクシオ ナイン ユーティリティ Miyazaki モデル から1種類減って「U3+」がラインナップから外れた。ロフト角が変更になったのがその要因と思われる。レギュラーモデルには「ネイビー」と「レッド」の2色あるが、「Miyazaki モデル」はブラックの1色のみ。ゼクシオ テン になって 「ユーティリティ」から「ハイブリッド」に名前が変わった。

構えてみると

構えてみると、真っ黒に塗られたヘッドが引き締まって見える。レギュラーモデルとの違いはカラーのみだが、色の違いで一回り小さく見える。前モデルよりもヘッドの体積が少し大きくなって、ネック形状が少しストレートっぽくなった。レギュラーモデルと共通して、シャキッとスクエアに構えられ、払い打ちでも上がってくれそうなイメージが湧く。クラウンのフェース寄りに盛り上がった段差は、ミスヒット時の飛距離のロスを軽減してくれるだけでなく、ターゲットにスクエアに構えやすい視覚的効果もある。

打ってみると

打ってみると、よく拾いよくつかまって、低スピンの中高弾道でよく飛ぶ。レギュラーモデルより17g重い重量感がダウンスイングで自然にフェースをターンさせてボールがよくつかまり弾道が力強い。レギュラーモデルと同様にとてもバランスが良く、フェースがボールにコンタクトしやすい。しかも芯でよく捕まえてくれるから、擦りにくいし平均的によく飛んでくれる。打感は非常に軽くインパクトの衝撃がソフトに伝わってくる。芯を外しても悪い打感にならないし、距離も方向性もロスが少ない。

これでも一般的なアスリートモデルと比べるとかなり軽い。「レギュラーモデル」の重量が極めて軽く「ミヤザキモデル」が標準的なアベーレージゴルファー用の重さなのでハードルは決して高くない。振り抜きやすさはどちらも同じレベル。飛距離も変わらない。ほどよいトルク感と手元のしなりが、安定したスイングを補助してくれる。振り抜くだけで芯を喰ってくれる感じ。レギュラーモデルのヘッドと比べるとカラーリング以外は同じものだが、どちらも上手くバランスが調整されている。絶妙な仕上がりでインパクトでのタイミングが合いやすい。軽く払い打つだけでしっかりと芯でとらえて飛んでくれる。オフセンターでもキャリーが稼げるし左右にほとんど曲がらない。

H3、H4 は、高弾道&低スピンの飛距離優先。H5、H6 は 飛距離と方向性重視。番手によって求められる役割に適した設計となった。前モデルと比べると全体的に大きくなったヘッドサイズが、安定感と飛距離を約束してくれる。

ライバルは

この「ゼクシオ テン ハイブリッド Miyazaki Model」のライバルは、テーラーメイド グローレ F2 レスキューオノフ フェアウェイウイングス AKAブリヂストン ツアーB JGR HY、 本間ゴルフ Be ZEAL 535 ユーティリティ などになる。ミスに強く抜けがいいグローレF2、ヘッド全体がたわむオノフ赤、高弾道が打てるJGR、分厚い打感が心地よいビジール、どれも極上品です。

シャフトは

シャフトは「Miyazaki Waena カーボンシャフト」の3種類のフレックス(S)(SR)(R)から選ぶことになる。(S)シャフトで、ヘッドスピードが41〜44m/sぐらい。(SR)シャフトで、ヘッドスピードが39〜42m/sぐらい。レギュラーモデルの「ゼクシオ MP1000 カーボンシャフト」とよく似た動きをするが、どっちが振りやすいか、ドライバーやフェアウェイウッドやアイアンの重量バランスを崩さないように選んでほしい。価格はレギュラーモデルと同プライス。
ゼクシオ テン ハイブリッド(ミヤザキモデル) が安く購入できる。

まとめ

DUNLOP  XXIO Ⅹ (ゼクシオ テン) ハイブリッド は、適度な重量感で振り抜きやすく芯を食いやすい。よく飛ぶしミスに強い。

・よくつかまる
・よく拾う
・バランスがいい
・ミスに強い
・芯を食いやすい
・強い弾道

ミヤザキモデルは絶妙な仕上がり! シャフトとヘッドの総合力がすごい!

飛距離 5
構えやすさ 4.5
デザイン 4
打ちやすさ 5
操作性   4
打感 4.5

 - XXIO, ユーティリティ