楽しい GOLF LIFE

間違わないゴルフ用品選びで飛距離アップ、スコアアップ。ライバルに差をつけてゴルフをエンジョイしましょう。

ゼクシオ テン ドライバー Miyazaki Model の試打&評価

      2017/12/17

DUNLOP  XXIO Ⅹ (ダンロップ ゼクシオ テン)ドライバー Miyazaki Model(ミヤザキモデル) を試打しました。どんなクラブなのか評価と感想をレビューします。

試打クラブ
【ロフト】
8.5°、9.5°
【シャフト】
・Miyazaki Waena カーボンシャフト(S) 45.5インチ
・Miyazaki Waena カーボンシャフト (SR) 45.5インチ

ゼクシオ10シリーズのドライバー、フェアウェイウッド、ハイブリッド(ユーティリティ) には、前モデルと同様にセミアスリート仕様の「Miyazaki モデル」とアベレージゴルファー向けの「レギュラーモデル」の2種類ある。さらにドライバーには、アスリートをターゲットにしたカスタム用の「クラフト モデル」がラインナップされて、合計3タイプになった。この「Miyazaki モデル」のロフトバリエーションは3種類。(8.5°、9.5°、10.5°) レギュラーモデルのカラーは「ネイビー」と「レッド」の2色あるが、「Miyazaki モデル」のカラーはブラックの1色のみ

構えてみると

構えてみると、黒く美しい丸型のヘッドが引き締まって見える。レギュラーモデルとの違いはカラーのみ。ヘッド単体は全く同じスペックになる。投影面積が大きくてどっしりとした座りがいい丸型のヘッドなのに、カラーが違うだけで随分印象が違って見える。構えやすさはレギュラーモデルと共通しているから安心です。フェースのバルジがギア効果を予感させ、引っ掛けやプッシュのミスに寛容な安心感があるし、前モデルよりもフェースのヒール寄りがシェイプされてややフックフェースに見えるからつかまりそう。

打ってみると

軽く素振りをすると、レギュラーモデルより全体重量が約20g重いが、それでもかなり軽く感じる。軽くて振り抜き易くフォロースルーでビュンっと風を切る音が響き渡った。ヘッドが走る走る。しかもスイングが安定する、、まるでスイング矯正用の練習器具で素振りをしてるように振りやすい。レギュラーモデルの「ゼクシオ MP1000 カーボンシャフト」は軽くてめっちゃ振りやすく、合わせやすいが、「Miyazaki Waena カーボンシャフト」は、そのまま少し重くして少しトルクを減らしたような感じです。レギュラーモデルのシャフトをギュッと凝縮した感じで、これは見事に同じテイストに仕上がっている。

アベレージゴルファーからセミアスリートまでをターゲットにしたドライバーの全体重量は概ね 290g〜300g になっている。このミヤザキモデルの(S)シャフト装着で 294g だが、これはずいぶん軽く感じる。他のライバルよりも1段階振り抜きやすく仕上がっている印象。

打ってみると、しっかりつかまって力強い高弾道のドローボールで空高くぶっ飛びます。レギュラーモデルよりも球に力強さが加わった感じで、よく飛んでくれる。ほどよいトルク感、手元のしなり、先端のしっかり感、緩やかなヘッドのターン が、軽くても安定したスイングを確立させてくれる。全部芯を喰ってる感じがするが、、、欲しくなってきた。。。レギュラーモデルのヘッドと比べるとカラーリング以外は同じものだが、シャフトとのバランスがぴったりでインパクトのタイミングがブレない。このミヤザキシャフトとの組み合わせは、よく走り、よくつかまり、高弾道でよく飛ぶ。しかもミスに強いがミスが出にくいと言った方が適切かもしれない。本当に安定感がすごい。体力が衰え気味のシニアが、久しぶりにヘッドの走りと安定したビッグドライブを体感できると太鼓判を押したい。。

レギュラーモデルのレビューでも書いたけど、このフェースはかなりスイートエリアが広いが芯を外した時の飛距離のロスが少ない。オフセンターでも大きくフェースがたわんでくれるのが手に伝わってくる。センターで捉えると打感は柔らかくて心地いいがオフセンターでもそれほど悪い打感にならない。そして、最近ありがちな大型ヘッド特有の「つかまりにくさ」もない。つかまり過ぎて引っかかることもなくフェースのターンがちょうどいい。前モデルよりも重心が深く低くなり、スイートエリアも広くなったので、球が上がりやすく、曲がりにくく、ミスに強くなった。設計上の変更点がそのまま結果に結びつく。こりゃぁ、お見事です。。。

ライバルは

ヘッドのカラーリングは黒基調だが、レギュラーモデルと重量や重心などの違いはない。この「ゼクシオ テン ドライバー Miyazaki Model」のライバルは「テーラーメイド グローレ F2 ドライバー 」「オノフ ドライバー AKA」そして同時期に発売の「本間ゴルフ Be ZEAL 535 ドライバー」などになる。 レギュラーモデルはもう少しパワーが少ないゴルファー向けだが、「プロギア 赤 egg ドライバー」「ヤマハ inpres UD+2 ドライバー」あたりがその中間に位置する。どちらにしても、ゼクシオのターゲット層は一番熾烈な戦いが繰り広げられるカテゴリーであるにもかかわらずトップセールスを走り続けるのは偉業と言っていい。10代目も間違いなく人気沸騰するでしょう。

ライバルは(2018年にやさしく飛ばせるおすすめドライバー7選)に詳しくレビューしました。

シャフトは

シャフトは「Miyazaki Waena カーボンシャフト」の3種類のフレックス(S)(SR)(R)から選ぶことになる。(S)シャフトで、ヘッドスピードが41〜44m/sぐらい。(SR)シャフトで、ヘッドスピードが39〜42m/sぐらい。価格は前モデルと比べて8000円も値下がりして、レギュラーモデルと同プライスになった。
ゼクシオ テン ドライバー Miyazaki Model が安く購入できる。

まとめ

ダンロップ ゼクシオ テン ドライバー Miyazaki Modelは、スイングが安定してタイミングがブレない。ヘッドの安定感がより鮮明になる。

・よくつかまる
・振り抜きやすい
・スイング軌道が安定する
・高弾道
・ミスが出にくい
・よく飛ぶ
・インパクトがブレない

ミヤザキ シャフトは、ベストマッチかも。シャフトの進化にも驚いた。これはよく飛ぶ!

飛距離 5+
構えやすさ 5
デザイン 4.5
打ちやすさ 5+
操作性   4
打感 4.5

 - XXIO, ドライバー