楽しい GOLF LIFE

ゴルフギアの口コミサイト「間違わないゴルフ用品選び」

スリクソン Z H65 ハイブリッドの試打&評価②(ラウンド編)

      2018/09/16

DUNLOP(ダンロップ) SRIXON(スリクソン) Z H65 ハイブリッド をゴルフ場でラウンドしながら試打しました。実際にラウンドしたらどんな印象なのか、評価と感想をレビューします。

試打クラブ

【番手】
3番(19°)
【シャフト】
Miyazaki Kaula 7 for HYBRID カーボンシャフト(S)

最初の試打から気に入ってた

このクラブを発売当初に試打をした時、その打ちやすさに感銘しました。(以前のレビューはこちら

かなり気に入ってしまったので、すぐに購入しようかと思ったが、続々と各メーカーから素晴らしいユーティリティの新作が登場するので、迷走しながら今日に至ったのです。

でもやっぱり「Z H65 ハイブリッド」が忘れられず、1日お借りして短めのコースに出向き、ミドルホールのティーショットや、ロングホールのセカンドショットで合計10打ほど使用しました。

 

構えると

実際にフェアウェイで構えてみると、以前の印象よりもグースっぽく見えて、つかまりそうな安心感がある。クラウン部分の溝がフェースと平行線なのでターゲットに真っ直ぐに構えやすい。

最近のユーティリティは、大型化の傾向があるが、これはコンパクトで、コントロール性が良さそうな顔なので好感が持てる。

打ってみると

パー4のティーショットで使用すると、風に負けない中弾道のドローボールでよく飛ぶ。飛距離は大満足です。低いフェード気味のボールも打ちやすく、強風の狭いホールでも安心して打てる。フェアウェイやラフから打っても、つかまりすぎて引っかかるミスは1発もなかった。

プッシュのミスもなく、非常にフェースコントロールがしやすいクラブです。ダフリ気味でもソールが良く滑るし、トップ気味でも球が良く上がる。上手になったような錯覚をしてしまいそうです。。

当初の印象よりも弾道が低めで、ライナー性の球が打ちやすく安定感がある。点で攻めるというより、線で攻めたくなるのです。コース戦略が簡単になりそう。打感はまずまずで、フェースのどの部分にヒットしてるのかが、手に伝わってくる。

ユーティリティは、大事な場面で逆球のミスが出てしまうと、最悪の事態になる。「ミスしても右のバンカーならOK」とか、「グリーン右の池だけは避けたい」とか、想定の範囲内のミスが出るユーティリティを使いたいのです。

この「スリクソン Z H65 ハイブリッド」は、想定内の球しか出ませんでした。ライが悪かったり、林の中からの脱出など、いわゆる「お助けクラブ」としてもかなりの威力を発揮してくれます。困った時の神頼み的なクラブです。

グリップが気になった

グリップが細く感じる。ミヤザキ カウラ シャフト が細いのかな。(個体差かもしれないが)でも、カチャカチャなしのクラブなので、グリップにバックラインがあるから、緩むことはありませんでした。18ホールずっと気にしてたけど、ほぼナイスショットだったので、細めの感じが合ってるのかな、、、

ミヤザキ カウラ 7 シャフト

Miyazaki Kaula 7 は、まったくクセのないシャフトです。想像よりシャープなしなりで、ねじれ感が少なく、球が左右に曲がる感じがしない。超軽量スチールシャフトのような感覚です。このシャフトは、二重丸です。ダンロップオリジナルなので、価格が、かなりお値打ち。


スリクソン Z H65 ハイブリッドが、大幅値下げで安く購入できる。

まとめ

「スリクソン Z H65 ハイブリッド」は、実際にラウンドしたら、さらに評価が上がりました。強弾道で曲がらず、逆球も出ない。信頼出来るユーティリティです。

・風に負けない強い弾道
・曲がらない
・クセのないシャフトが打ちやすい
・コントロール性抜群
・価格が安い

めちゃくちゃ良かった。良く飛ぶから、これがあれば5Wが必要ないって思った。ウェッジを1本増やそうかな。。。

飛距離 4.5
構えやすさ 4.5
デザイン 4
打ちやすさ 5
操作性  5
打感 4

 - SRIXON, ユーティリティ