楽しい GOLF LIFE

間違わないゴルフ用品選びで飛距離アップ、スコアアップ。ライバルに差をつけてゴルフをエンジョイしましょう。

スリクソン Z765 リミテッドモデル ドライバー の試打&評価

      2017/03/04

DUNLOP ダンロップ SRIXON スリクソン Z765 リミテッドモデル ドライバー を試打しました。どんなスペックなのか楽しみです。評価と感想をレビューします。

【ロフト】
9.5度
【シャフト】
Miyazaki Kaula MIZU 6 (S) オリジナルカーボンシャフト
Speeder 661EVOLUTION Ⅲ(S)

このリミテッドモデルは数量限定生産で、同シリーズの Z765 ドライバー と比べると、ヘッドは脱着式ではない。また、調整用のウエイトがソールのバッックフェースに1ヶ所だったのが、フェース寄りのトゥ側とヒール側に2ヶ所ある。重心深度が浅いのが見て分かるし、つかまりが調整できるようになっている。

構えると

構えると、ディープフェースで小ぶりのいかにもハードヒッター向きの引き締まった顔。ヘッドのサイズは440cm³で、Z765 ドライバー と比べると5cm³小さいが、 もう少し小さく感じる。グリップにバックラインがあり、しっくりくる。カチャカチャ付きはライ角などの調整ができるから便利だが、バックライン有りのグリップが使用不可になるのが不満のゴルファーもいると思う。ただし、最近のドライバーのグリップは、ほとんどがバックラインが有りません。ブリジストン ゴルフ の TOUR B XD-3,XD-5,XD-7 ドライバーは、カチャカチャ無しだが、すべてバックライン無しです。このモデルはちゃんとグリップまで差別化してる。

打ってみると

打ってみると、ヘッド全体で弾き飛ばす感じがする。芯でとらると気持ちいい打感です。スピン量は少ないが、思ったよりも球が上がってくれる。アゲンストに強いナチュラルフェードでよく飛ぶ。スピン量が増えないように考えなくてもいいから、思いっきり叩けます。ただ、一生懸命にドローボールを打とうとしてるのに、周りからは「いいフェードですね」と褒められ、嬉しいやら、悲しいやら、、、、とほほ、、「捕まったぞ」って思ってもなかなかドローボールにならない。インパクトで振り遅れると、ライトスタンドにホームランって感じになるので、思い切って引っ張ってやる。すると強烈な中弾道のドローになる。ソールの2ヶ所のウエイトを調整すれば変わると思うが、基本的にフェースが返りづらいので、パワーフェードを打ちたいハードヒッターに向くと思う。

やさしいモデルではないが、ハードヒッターが右に行く球だけを警戒すればいいし、スピンコントロールをしなくてもいいので、ある意味やさしいと言える。弾道が強い、スピン量が少ない、構えやすい、コントロール性がいい、引っかからない、、ハードヒッターがこれ以上のドライバーはないと思えてくる。。。

こういったバックライン有りのグリップでドライバーを振ることが滅多にないが、しっくりくる。左手の小指と薬指に力が入りやすいので、左手主導で振りやすいので私は好きです。アイアンと同じようにグリップできてコントロールしやすい感じがする。

シャフトは

Miyazaki Kaula MIZU 6、Speeder 661EVOLUTION Ⅲ、Diamana BF60、ATTAS PUNCH 6、という4種類の60g台のシャフトから選ぶことになるが、カスタムの種類は豊富です。オリジナルカーボンのMiyazaki Kaula MIZU 6が打ちやすくて、よくつかまる。価格を考えるとオススメ。
SRIXON Z765リミテッドモデル ドライバー が安く購入できる。

まとめ

ダンロップ SRIXON Z765 リミテッドモデル ドライバー は、ハードヒッターが安心してぶっ叩ける。

・低スピン、強弾道
・引っかからない
・コントロール性がいい
・スリクソンZ65シリーズのドライバーは価格が安い

私も、もう少しパワーがあれば欲しいなぁ。Z965アイアンとセットで使うと、かっこよさ抜群ですね。スタートホールで、同伴競技者のバッグの中にこんなの見つけたら、負けた〜って思ってしまう。。。

飛距離 4.5
構えやすさ 5+
デザイン 5
打ちやすさ 4
打感 4.5

 - SRIXON, ドライバー