楽しい GOLF LIFE

ゴルフギアの口コミサイト「間違わないゴルフ用品選び」

スリクソン Z U65 ユーティリティ の試打&評価

      2018/09/16

DUNLOP ダンロップ SRIXON スリクソン Z U65 ユーティリティを試打しました。かっこいいアイアン型ユーティリティは、どう進化したのか評価と感想をレビューします。

試打クラブ

【番手】
3番(20°)
【シャフト】
Miyazaki Kaula 7 for UTILITY カーボンシャフト(S)
N.S.PRO 980GH DST スチールシャフト(S)

img_0534

前モデルでは限定発売だったアイアン型のユーティリティが、Z65シリーズでは定番になりました。私は前モデルの4番を時々バッグに入れます。中空ヘッドなのにかっこいいし、高弾道が楽々打てるから手放せなくなったのです。新しいモデルは買い換えたくなるほど進化してるのかな?楽しみ。

アイアン型とウッド型

ユーティリティには大きく分けて、アイアン型とウッド型の2種類あります。アイアン型は、アイアンの流れでロングアイアンの代わりに使えるのでアスリートに支持されています。ダンロップ  はアイアン型をユーティリティウッド型をハイブリッド と名称を分けているようですね。同シリーズの スリクソン Z H65 ハイブリッド は極めて打ちやすいウッド型ユーティリティです。
スリクソン Z H65 ハイブリッドの試打&評価

img_5247

構えると

バックフェースは、Z965 アイアン によく似たデザインで、カッコよすぎる。マッスルバックのロングアイアンを使っているかのようにカモフラージュできそう、、、でも構えるとトップブレードが厚くセミグースで大きめの顔がいかにもユーティリティの顔立ち。安心感があって構えやすい。

img_0537

打ってみると

打ってみると前モデルよりも、よく拾ってくれるし弾道が高い。かなり打ちやすい。3UTが6番アイアンを打つような感覚で打てます。また、打感が柔らかいから気持ちよく打てる。Z765アイアンやZ565アイアンと打感を比べても違和感がない

。残り距離が微妙な場面で、アイアンを使うのか、ユーティリティを使うのか悩んでも、アイアンからの流れでアドレスができるのでリズムが乱れないでしょうね。途中でユーティリティを試打してるのを忘れてしまうほど、アイアンっぽいです。

img_0535

前モデルより、よくつかまるけど引っかかる感じがないから安心です。飛距離はアイアンより0.5番手飛ぶ感じです。しかも安定したキャリーが稼げるからかなり楽。3番や4番は心強い武器になるけど、5番もありかも。こんなの使わなきゃ損ですよ。14本の構成がガラリと変わるかも。

img_0536

こちらのランキングも参考にしてください→2018年はこれで200ヤードが狙える!おすすめアイアン型ユーティリティ5選

シャフトは

Miyazaki Kaula 7 for UTILITY カーボンシャフトは中先がしなる。振りやすいしよく飛びます。意外にソフトな感じがする。
N.S.PRO 980GH DST スチールシャフトは先がよく走るから打ちやすい。アイアン型ユーティリティのシャフトは、アイアンの流れで選んだ方が間違い無いです。
スリクソン Z U65 ユーティリティ が安く購入できる。

まとめ

スリクソン Z U65 ユーティリティは、アイアンの流れで打てるカッコいいアイアン型ユーティリティ。

・よく拾ってくれるし高弾道が打てる
・アイアンと同じ感覚でアドレスできる
・ロングアイアンの苦手意識がなくなる
・打感が柔らかく気持ちいい

前モデルより、打感も球筋も進化してるから、バッグに1本は入れておきたいな。

【総合評価 8.2】
飛距離  7
やさしさ  9
弾道の高さ  8
つかまり  8
構えやすさ  9
操作性 8
打感 9

 - SRIXON, ユーティリティ