楽しい GOLF LIFE

ゴルフギアの口コミサイト。間違わないゴルフ用品選びで飛距離アップ、スコアアップ。ライバルに差をつけてゴルフをエンジョイしましょう。

ジャパンゴルフフェア 2017 に行きました

      2018/08/10

51st JAPAN GOLF FAIR(ジャパンゴルフフェア) 2017 は、3月24日(金)〜26日(日)の3日間の開催ですが、初日の朝一番に行ってきました。

今年は、東京ビッグサイトからパシフィコ横浜に場所が移されました。入場は無料。最新クラブを試打することもできます。大手クラブメーカーだけじゃなく、地クラブメーカーも6社出展。

シャフト、ボール、グリップ、小物類、ウエア、などなど最新情報満載でした。そして、試打コーナーが会場をぐるりと囲んでいます。かなりの打席数でした。グルメコーナーも充実です。特に興味があったブースの情報をほんの少しだけレビューします。

キャロウェイ「SURE OUT ウェッジ」

キャロウェイのブースで目に飛び込んできたのが「SURE OUT ウェッジ」です。「シュアアウト」ってことは、バンカーから楽に脱出できるのかな??スクエアに構えて、ダフるだけでバンカーショットが打てるとの説明です

。後日試打の評価をレビューする予定です。(試打レビューはこちら

オデッセイ O-WORKS パター 「Super Stroke 2.0グリップ」装着モデル

今年発売になったばかりの「O-WORKS パター」は、転がりの安定感抜群で、バリエーションが豊富。間違いなく今後のODYSSEYの主力モデルとなるでしょう。

数量限定で「Super Stroke 2.0グリップ」装着モデルが発売になります。ほぼラインナップの全種類が見られて良かった。全部試打できるなんて、なかなかこんな機会はありません。

パターマットで自分の中でのベストチョイスを絞り込むのに、かなりの時間がかかってしまった、、(汗)これだけでも横浜まで来て良かったです。。

オノフ ラボスペック シャフト

ONOFF(オノフ)ラボスペックのシャフトがずらりと展示されています。特徴的なカラーリングが実にカッコいい! 試打ブースでフィッティングも可能です。オノフのブースは、かなりオシャレで、ゴルファーの心を掴む演出がなされています。片山晋呉プロの写真も素敵です。

N.S.PRO MODUS³ WEDGE ブルーエディション

日本シャフトから限定カラーのウェッジ用シャフトが発売になります。「N.S.PRO MODUS³ WEDGE Blue Edition」は、N.S.PRO MODUS3 WEDGE 105、 115、125 の3種類。実際に見るとかなりカッコイイ。

すぐに売り切れてしまうのかなぁ、、

KBSシャフト

KBSのブースが充実してます。このシャフトはなかなか試打できないけど、試打コーナーでアイアンのスチールシャフトを打ち比べることが出来るので、リシャフトを考え中のゴルファーにはありがたいです。

ブリジストン TOUR B330S

タイガーウッズが決めたボールがピラミッド型に積まれています。ブリジストンはトッププロのでモンストレーションなどイベント盛りだくさんで活気がありました。

試打コーナー

各クラブメーカーが独自に試打コーナーを設けているが、それ以外に有料で話題の最新ドライボーを打ち比べできるコーナーがある。これが、かなり広くて、打ちっぱなしっぽいです、、当日も受け付け可能です。

日本プロゴルフ殿堂

一般財団法人 日本プロゴルフ殿堂 のブースがあります。日本のゴルフの歴史に名を刻んだ偉人が紹介されています。

スリクソン Z565 TG ドライバー

ダンロップも大きなブースですが、「スリクソン Z565 TG(ティージー)ドライバー」が最新のニュースですね。なかなか良さそうな仕上がりでした。じっくりと説明を聞いたので、次回単独のレビューを書こうと思います。(レビューはこちら

あとがき

ジャパンゴルフフェアは毎年開催されるが、今回は以前に比べて、さらに一般客を大事にしてる温もりを感じた。東京ビッグサイトなどのイベントホールでは、雑貨、アパレル、フード、IT など、いろんな業界の展示会がほぼ毎週開催されます

。一般人に開放されても、本音はB to B ビジネスを開拓したいブースばかりで、ぶらりと見に行くと気分が悪い扱いを受けることが多い。

ところが、「ジャパンゴルフフェア 2017」は、出展者が、より多くのゴルファーに商品の素晴らしさを提案したい意気込みが感じられた。

ゴルフ人口が減りつつある中で、数年前から、バタバタっと大手メーカーの出展が見送られ、寂しい感じがするが、出展メーカーが頑張ってゴルファーの底上げに貢献してるのを見ると、応援したくなるし、「楽しい展示会でした」とお礼を言いたいです。

来年は、ぜひ出展を見送ったメーカーに戻ってきて欲しいものです。

 - イベント