楽しい GOLF LIFE

間違わないゴルフ用品選びで飛距離アップ、スコアアップ。ライバルに差をつけてゴルフをエンジョイしましょう。

ゴルフクラブを購入するときは第一印象が大事な理由

      2017/06/08

試打すると毎回思うのですが、クラブにはゴルファーとの相性があります。一発目を打った瞬間に「これは打ちやすい!」と思うことありませんか? この第一印象が大事です。不慣れな試打コーナーでは構えづらくて、いつものスイングがしにくいけど、それでも相性がいいクラブはクリーンヒットする。こういう打ちやすいクラブは、ゴルフ場のいろんなロケーションでもミスになりにくいクラブです。

事前に調べて、これこそ自分にぴったりのドライバーだと意気込んでゴルフショップに行ったが、試打すると全然当たらない。こういうクラブはやめたほうがいい。第一印象がいいクラブは、何度試打しても、印象が変わらないことが多い。「あの日はたまたま調子が良かっただけなのかな」と疑心暗鬼になって再度試打しても好印象は変わらないものです。

パターを選ぶときは

ゴルフショップのパターコーナーで、気になるモデルを手にして2〜3球転がすと、「これはダメ」ってすぐに判断できます。これはまさしく第一印象。構えただけで「これはダメ」と判断できるパターもある。パターの打ち方は、人それぞれだから自分に合うものを使いたい。人にとやかく言われたくない。自信をもって自分の感性で選びたいですよね。ドライバーもアイアンもスイングは人それぞれです。人が何と言おうが自分の印象が大事です。パターは自分の感覚を信じて買うけど、ドライバーやアイアンは自分の感覚を信じないなんて、おかしくありませんか。

NOという勇気が必要

ゴルフスクールに入るとレッスンプロからクラブの購入を勧められることがる。もちろん道具が合わないまま練習しても上達しないから勧めてくれるのは有難いが、中にはバックマージン目当てで強引に勧めるケースがあるので気をつけたい。最近聞いた話ですが、初心者のご婦人たちのクラスなのに、入会すると全員がスコッティキャメロンを購入させられるスクールがあるらしい。。。

先日友人から頼まれたことがあります。購入するドライバーのモデルが決まったが、シャフトのフレックスで悩んでるから試打に立ち会ってほしいとの事。「お客さんのヘッドスピードだったら、Sシャフトの方がいいですよ」って店員が言うけど、本人は明らかにSRの方が打ちやすいのです。結局彼は、SRを購入しましたが、大正解。実はこれ、要注意です。ヘッドスピードが速いとか、スイングが安定してるから上級者用がいいとか、ヨイショされると、ついついハードなクラブを購入したくなってしまいます。また逆に、まだまだ振れる自信があるのに、年齢やヘッドスピードから極端に軽くて柔らかいクラブを勧められて買ってしまうパターンも要注意。一生懸命にいいクラブを勧めてくれますが、全部受け入れる必要はない。アドバイスは参考にしつつ、自分の印象を信じて、NOと言ってください。

ハードかソフトか好みが分かれる

軽いクラブ、重いクラブ、硬いシャフト、柔らかいシャフト、、、どれが打ちやすいのか自分の印象を信じて購入した方が、間違いになりにくいと考えます。トッププロでもハードめなセッティングにしたいタイプと、ソフトめなセッティングにしたいタイプ両方いる。そのクラブが好みのフレックスなのか、第一印象でわかるものです。

相性がいいメーカーがある

店頭に並んだクラブを片っ端から全部打つわけにはいかないから、ゴルフ雑誌やネットの情報である程度絞り込むのは必要です。絞ったら、いざ試打コーナーへ! とは言っても、平日にはそんな時間がないし、土日にゴルフショップに行ったが、試打コーナーが混雑してじっくり試打ができない。そんな時は、相性がいいクラブメーカーから選ぶと、失敗になりにくいものです。

相性のいいメーカーがある。クラブの設計も人がやることなので、その設計者の傾向がある。メーカーそれぞれ味付けの仕方が違うので、舌に合うか合わないかは、ずっと変わらないものです。用具契約を移籍して、まったく活躍できなくなった有名プロが多数います。逆に、移籍してから一気に花が開いたプロもいる。私は長いゴルフ歴で、ほぼ全クラブメーカーを何回も購入しましたが、タイトリストとブリジストンとミズノは数十年間ずっと相性がいい。カタログを見るだけで試打しなくても購入できるぐらいです。メーカーのPRと自分の印象がよくマッチするのです。これも人それぞれです。

極端な話ですが、、ゼクシオ8が気に入ってたゴルファーが、ゼクシオ9を購入しても失敗にはなりにくい。大きく味付けが変わらないものです。ある程度好みのメーカーを絞った方が、間違えにくい。もちろん、偏ってはいけないですが、迷ったら好みのメーカーをチョイスするのをお勧めします。

まとめ

以前レビューしましたが、クラブ選びは、本当に重要です。(レビューはこちら→試打して思うこと、、道具選びも戦いの一つです

ゴルフクラブを購入するときは、できれば試打をしたほうがいい。そして、自分の第一印象を信じて選択しましょう。計測データや、店員のアドバイスは参考にしつつ、自分を信じて選んでください。また、相性がいいクラブメーカーを見つけるのも重要です。どうしても試打ができない場合は、過去に相性が良かったメーカーから選んだ方が、間違ったクラブ選びになりにくいものです。

 - ゴルフって?, 購入レビュー