楽しい GOLF LIFE

ゴルフギアの口コミサイト。間違わないゴルフ用品選びで飛距離アップ、スコアアップ。ライバルに差をつけてゴルフをエンジョイしましょう。

コブラ KING F6 フェアウェイウッド の試打&評価

   

Cobra KING F6 (キング エフ6) FW を試打しました。かなり評判がいいが、どんなクラブなのか評価と感想をレビューします。

試打クラブ
【番手・ロフト】
3-4番・14.5° (13°-16°に調整可能)
【シャフト】
フジクラ Speeder (S) オリジナルカーボンシャフト 43.25インチ

KING F6 シリーズのフェアウェイウッドは「コブラ KING F6 FW」と「 コブラ KING F6 バフラー FW」の2種類ある。ヘッドはロフト調整機能付きで、番手は、3-4番、5-6番、7-8番の3種類ある。ヘッドのカラーが3色(ブラック、ホワイト、オレンジ)から選べる。ソールのウエイトで重心が変えられる調整機能付き。

構えてみると

構えてみると、3番ウッドとしては大きめの丸型でどっしりとしたシャローバック。ヘッドの後方にグレーのドット柄のプリントが施され、投影面積が実際よりも小さく見える。球が上がりそうな雰囲気があって構えやすい。ヘッドのカラーは3色の中から選べるが、オレンジは リッキー・ファウラー のイメージカラーで、よく目立ってかっこいい。ホワイト、ブラックは無難だが、好みが別れるところです。

打ってみると

ワッグルをすると、ややヘッドが重たく感じる。バランスはD3。フェアウェイウッドは、これぐらい重量感がある方がスイングプレーンが安定するので、振りやすい。まず最初にロフトは14.5°で、ソールにある二つのウェイトを深重心のセッティングで打ってみると、よく捕まって気持ちいい打感です。フェースの上にしっかりと球が乗っかる感じでよく拾ってくれる。ロフト以上の高弾道になり、よく飛ぶ。軽く振っても、キャリーが稼げるクラブです。これほど打ちやすいとは予想外です。カチャカチャでフェース角をドローポジションに調整すると、高弾道のドローボールなる。インサイドアウトに振ると、右に打ち出して戻る理想的なドローボールで、キレイな放物線を描きます。少々振り遅れてもプッシュせずに耐えてくれる。ヒール気味でもそこそこのキャリーになる。操作性より直進性が素晴らしい。

次に浅重心のセッティングに調節して打ってみると、低スピンの力強い中弾道でよく飛んでよく転がる。薄めにヒットしても拾ってくれるし、ミスになりにくい。ロフト角を13°に調節してティーアップして打つと前へ前へ飛んでいく。風に強そうな低めの弾道で狙った方向に真っ直ぐに飛びます。狭いホールは全部これでティーショットを打ちたくなるぐらい打ちやすい。「KING F6 ドライバー」と同じ性質を持った素晴らしいクラブと言える。飛距離は、ナイスショットが連発するので、安定感がある飛距離性能です。ぶっ飛ぶと言うより、常に芯でとらえたショットが打てるから気持いい。ロフト角と重心が調整できるので雨や風の状況に合わせてセッティングすると、効果が拡大すると思う。

2通りの重心位置(浅重心/深重心)で大幅に球筋が変わる。

カチャカチャで、ソールのウエイトを調整すると、重心の深さが変わって球の高さとスピン量が変わる。

どの番手もロフト角が3°の範囲で調整可能なので重心位置とミックスさせて弾道調整すると、ベストなセッティングになる。

シャフトは

フジクラ Speeder オリジナルカーボンシャフト は、中間がしなって、あばれない。硬さは、S、SR、R の3種類あるがやや柔らかめ。シャフトの重量は標準的だが、ヘッドの重さを感じながら振るとよくつかまる。ソフトにしなるシャフトと重めのヘッドのバランスが絶妙です。フェアウェイウッドが苦手の方のクラブは、軽すぎることがある。軽いフェアウェイウッドでタイミングが合ってない方は、ぜひ一度お試し頂きたいです。
コブラ KING F6 フェアウェイウッド が、安く購入できる。

まとめ

「コブラ キング F6 フェアウェイウッド」 は、上級者も、FWを得意クラブにして、これからハンディキャップをどんどん上げたいゴルファーも、やさしく飛ばせるフェアウエイウッドです。

・よく拾う
・芯でとらえやすい
・ミスに強い
・優れた直進性
・ロフトと重心の調整可能

ライが悪くてもよく拾うし、ミスにも強い。評判通り素晴らしいクラブです。売れてるクラブって、やっぱりいいですね。

飛距離 4.5
構えやすさ 5
デザイン 4.5
打ちやすさ 5
操作性 3.5
打感 4.5

 - Cobra, フェアウェイウッド