楽しい GOLF LIFE

ゴルフギアの口コミサイト。間違わないゴルフ用品選びで飛距離アップ、スコアアップ。ライバルに差をつけてゴルフをエンジョイしましょう。

ゲーリー・ウッドランドのクラブセッティング/2018フェニックス・オープン優勝

      2018/08/11

2018年2月1日〜4日にアメリカ・アリゾナ州のスコッツデールにあるTPC・オブ・スコッツデールで開催された、米国男子ツアー「ウェイスト・マネジメント・フェニックス・オープン」で、Gary Woodland(ゲーリー・ウッドランド)(33歳)が最終日を−7のビッグスコアでまとめ、通算−18で今季初優勝。彼にとってアメリカ PGAツアーで2013年以来5シーズンぶり通算3勝目となりました。どんな14本で戦ったのか、クラブセッティングを詳しく見てみましょう。

熱気にあふれるフェニックス・オープン

「ウェイスト・マネジメント・フェニックス・オープン」は、ギャラリーの数も毎年注目される大会。今年(2018年)も3日目に21万人以上の観客動員数を記録し、1日の最多ギャラリー記録を更新した。4日間トータルでも、なんと70万人を超えた。16番ショートホールは2万人を収容するスタンドで囲まれ、それはまるでボールパーク(野球場)のような景色です。

松山くんは途中棄権

この大会は松山英樹選手の3連覇がかかっていたが、残念ながら2日目のスタート前に左手の親指痛のために棄権した。痛みが出たのは初日の13番のティショット。その後、何とかホールアウトしたが、2日目のスタート前のドライビングレンジで棄権を決断した。今後しばらく試合を休んで4月のマスターズに間に合うように調整すると思うが、無理をせずじっくり治して欲しいと思います。痛みが丸山茂樹プロと同じ箇所なので、心配です。。。

G・ウッドランド のクラブセッティング

Gary Woodland(ゲーリー・ウッドランド) は、ウッド系はテーラーメイド、アイアン系はタイトリスト、ボールはブリジストンを使用している。5シーズンぶりの復活優勝を支えた彼のクラブセッティングの詳細は、、

クラブセッティング

【ドライバー】
テーラーメイド M3 440 ドライバー (9°) Accra Tour Z RPG 472
【フェアウェイウッド】
テーラーメイド M2 フェアウェイウッド 2017年モデル (3W 15°、5W 18°) Accra Tour Zx 4100
【アイアン】
タイトリスト 716MB アイアン (4番〜PW) KBS Tour C-Taper 130X
【ウェッジ】
タイトリスト Vokey SM7 ウエッジ (47°,52°,57°) KBS Tour C-Taper 130X
キャロウェイ Mack Daddy PM ウエッジ (60°) KBS Tour C-Taper 130X
【パター】
タイトリスト Scotty Cameron Newport 2 prototype
【ボール】
ブリジストン Tour B X

Vokey(ボーケイ) SM7 ウエッジ 

G・ウッドランドのウエッジの本数は4本あり、そのうち3本がタイトリストのボーケイSM7。これはアメリカと日本でで3月から発売されるモデル。PGAツアーの選手の使用クラブを見ると、SM6からSM7にチェンジしてるプロが多い。かなり打ちやすいウエッジと推測できるので、国内での正規販売が待ち遠しいです。やはり、G・ウッドランドもウエッジ4本体制ですね、もうこれはアメリカでは当たり前になってきたようです。

ACCRA Tour シャフト

ドライバーとフェアウェイウッドのシャフトは、ACCRA(アクラ)を挿入している。スペックは超ハード。このメーカーはハードヒッターに好まれるが、バリエーションも豊富でアマチュアのアスリートレベルでも意外に打ちやすいシャフトです。

あとがき

テーラーメイドのニュードライバーの勢いが止まらない、、、先週のトーナメントで優勝した「ジェイソン・デイ」 はTaylorMade M3 460 ドライバー で圧倒的な飛距離を武器に勝利を掴んだ。今週もG・ウッドランドの「M3 440 ドライバー」から放たれたショットの飛距離と正確さが勝利に貢献した。「M3&M4ドライバー」の発売開始前の絶好のタイミングで勝ちまくりなので、発売早々に在庫切れになりそうです。。。。

それにしても、松山くんが心配ですね。。。まだ若いし、これからのゴルフ人生が数十年続くので、じっくりと治して欲しいものです。マスターズに間に合わせたいでしょうが、焦らないほうがいいと思います。。。頑張れ!!

 - 2018年, ツアープロのクラブセッティング