楽しい GOLF LIFE

間違わないゴルフ用品選びで飛距離アップ、スコアアップ。ライバルに差をつけてゴルフをエンジョイしましょう。

グリップ交換は Golf Pride をオススメしたい理由とは

   

グリップはタイヤと同じように長く使用すると滑りやすくなります。消耗品なので、定期的に交換する必要があるが、種類を変えるとクラブが生まれ変わることがあります。でも種類が多くて何を選んでいいやら分からない。。。そんなゴルファーにオススメしたいのは Golf Pride(ゴルフプライド)のグリップです。その理由を詳しく説明します。

前回レビューしましたが、グリップは自分で交換したほうがいい。以前のレビューはこちら→(グリップは自分で交換した方がいい理由とは

グリップメーカーがたくさんある

ネットで検索するとグリップメーカーがたくさんあり、どのメーカーを選べばいいのか分かりません。。松山くん使用で人気の「イオミック」、アン・シネ ちゃんが使う「NO.1グリップ」、ジャスティン・ローズの「ラムキン」、谷原選手の「エリート」、堀琴音ちゃんの「STM」など、人気プロが一目でわかる派手なカラーリングのグリップを使用しています。他にも「ROYAL GRIP」「Winn」、、、、本当にたくさんのメーカーがあり、それぞれ数多くのラインナップを展開しています。

グリップを選ぶ基準は簡単

プロが使ってるから欲しいとか、見た目が可愛いから欲しいのも分からないでもないが、ちょっと待った!それは危険です。グリップはゴルファーとクラブの唯一の接点なので慎重に選ばなければならない。ひとそれぞれ手の大きさや指の長さや握力や肌の強さが違い十人十色です。自分に合ったグリップを使うことは、クラブのパフォーマンスを引き出すために重要なのです。そのためにメーカーが数多くの種類を展開しています。

そもそも、グリップを選ぶ基準は何でしょう

クラブを購入する時には、グリップのサイズを選ぶことは出来ません。カスタムで発注すれば可能ですが標準仕様は、だいたい同じ太さに統一されています。カスタムフィッティングでお気に入りのグリップを選択する達人は別ですが、一般的には標準仕様のグリップを使用することになります。そのグリップをしばらく使用したらどんな印象なのか、どんな不満があるのか、グリップはいろんな種類があるので、交換するならどうしたいのか、その目的は、標準仕様のグリップを基準に考えれば簡単です。

・もう少し太いほうがいい
・滑らないものに変えたい
・ソフトにしたい
・スイングバランスを少しだけ変えたい

標準装備のグリップは Golf Pride

グリップ選びは本当に難しい。実際に自分のクラブに装着して打ってみないと分からないもの。私は、1度打って即交換したことなんて、数え切れないほど経験があります。グリップ交換の初心者のうちは標準装備とメーカーを変えないほうが無難な選択になります。グリップはメーカーによって味付けが違うし、同じサイズでも握った感触が違うものです。ナイキとアディダスのシューズは、同じサイズでも履き心地が全然違いますが、それによく似た感じがする。交換してみると自分の意向に沿わない結果になりかねません。今より太くしたいとか、滑りにくいように変えたいだけとか、交換する目的を確実に達するなら標準仕様と同じメーカーがいいのです。太くしたいなら同じグリップを購入して下巻きだけ変える方法もアリです。

ほとんどのクラブメーカーのグリップは Golf Pride

ほとんどのクラブメーカーが Golf Pride(ゴルフプライド) を標準仕様として採用しています。メーカーのロゴマークを入れてOEM生産の商品を装着するケースがありますが、基本的には一般に売られているグリップと大きな違いはありません。

Golf Pride(ゴルフプライド)とは

ゴルフプライドは、世界のトーナメントプロの圧倒的な使用率を誇ります。アメリカでは4人中3人以上が使用しています。日本でも半分以上のプロが使用している。でも、プロに契約料を支払っていないようです。プロゴルファー自らが選んだ使用率なので、このデータはすごいと思う。クラブメーカーやトッププロの圧倒的な採用率を見れば、いかに商品が優れているか、言うまでもありません。

つまり、グリップ交換は「ゴルフプライドを選んだ方が失敗しない」ということになる。ちゃんと交換目的を達するにはメーカーを変えない方がいい。

ちなみに私は、、

私はミズノオリジナルグリップを取り寄せて使っています。「ミズノ ゴルフプライドM31ラバーグリップ」は「ゴルフプライド ツアーベルベットラバー M60X」にミズノのロゴが入り、グリップパターンを少し変えてあります。タイトリストのアイアンにもミズノのグリップという変態ゴルファーですが、一度気に入るとなかなか変えられないものです。それでも、もっといいモノがないかと、いろんなメーカーのグリップに交換してトライは続けています。でも、、1日で元に戻すような無駄遣いも、結構多い。。。

ゴルフプライドにも種類が多いがこの3種類がオススメ

どのメーカーもそうですが、ゴルフプライドも種類が豊富です。でも、私のオススメは、3種類の中から選ぶのが無難なので至ってシンプルです。この3種類からスタートしてほしい。各クラブメーカーの標準仕様のグリップのほとんどが、この3種類です。

マルチコンパウンドMCC

左手がコード、右手がラバーという複合グリップ。メジャー使用率第2位。滑りにくい。カラーが多い。スタンダードタイプはやや軽い。バックライン有/無。MCCシリーズはスタンダードタイプ以外に「プラス4」「プラチナム」「ホワイトアウト」があり、計4種類あるが少しずつ重さが違う。「プラス4」は右手側が太い。

ツアーベルベット・ラバー

ラバーグリップの世界基準です。メジャー使用率第1位。信頼性と実績がある。バックライン有/無。カチャカチャ付きのウッド系には「ツアーベルベットラバー・360」がオススメ。

ツアーベルベット・コード

全天候型コードグリップ。メジャー使用率第3位。コットン繊維が織り込まれ、雨天でも滑りにくい。バックライン有/無。

まとめ

グリップ交換は、やっぱりGolf Pride(ゴルフプライド)がオススメです。

・まず最初にグリップを交換する目的をはっきりさせる
・メーカーを変えない方が的確にその目的が果たせる
・ほとんどのクラブメーカーの標準装備はゴルフプライドのグリップ
・ゴルフプライドは、トッププロの圧倒的な使用率を誇る

何度もグリップを交換すると商品に詳しくなります。太さ、重さ、硬さ、材質、感触、耐久性、個体差、、、、いろいろ知識が増えてきたら他のメーカーにチャレンジしてみてもいいと思う。奥が深いので面白いですよ。でも、オススメはやっぱりゴルフプライドです。

 - グリップ, ゴルフって?