楽しい GOLF LIFE

ゴルフギアの口コミサイト「間違わないゴルフ用品選び」

キャロウェイ X FORGED アイアン の試打&評価

      2018/09/07

Callaway(キャロウェイ) X FORGED(フォージド) アイアン2018年モデル を試打しました。どんなクラブなのか評価と感想をレビューします。

試打クラブ

【番手】
7番(33°)
【シャフト】
MODUS3 TOUR 120(S)

4年ぶりに生まれ変わった「X FORGED アイアン」だが、前モデルはとても評価が高く石川遼君や深堀プロなど多くのトッププロが使用している。

私も2年ほど所有したが、手放したのが残念で仕方ないです。今でも中古ショップで傷が少ない商品があれば欲しいと思っているけど、なかなか巡り会えない、、

決して難しいモデルではなく、分厚い打感とつかまりの良さが、忘れられないのです。そのニューモデルが久しぶりに登場したのだから、めっちゃ楽しみ。

構えてみると

構えてみると、やや大きくなったフェースが安心して構えられる。そして薄めのトップブレードと、ほぼストレートネックのクセのない顔立は、アスリートが弾道をイメージしやすい。

バックフェースのデザインも前作同様に下部が分厚くてガッツリと拾ってくれそうな形状。やさしさと分厚い打感が引き継がれているのが期待できる。三角の出っ張りがヒール寄りにあるから、重心距離が短くてつかまりそうにも見える。

軟鉄鍛造キャビティのワンピースアイアンは、綺麗なデザインでカッコイイ!

試打の評価は

打ってみると、まずソフトな打感に驚いた。この柔らかさは最高レベルです。

インパクトでフェースがターンしながらボールをつかまえてフォロースルーでゆっくりとリリースする。その間にフェースがグニャリと大きくたわんでいるような感覚が手に伝わってくるのです。異素材が挿入されていないからこそのソリッド感が実に心地よい。打感は最高の評価をつけたくなる。。

弾道には安定感がある。フェースがたわんで、よくつかまりしっかりとスピンが入って、私の持ち球のドローボールで同じような球筋になる。つかまり過ぎないし、上がりすぎないから安心して振り抜けます。

ボールをスタンスの中央寄りにセットしてスイングスピードを上げると、ソールがよく滑りながらターンして、低めのドローボールでよく飛んでくれる。左足寄りにセットしてフェースのターンを抑えるとフェードボールになり距離のコントロールが思い通りに操れる。

打ちやすいけど、払い打ちではこの性能を十分に引き出せない。ある程度打ち込んで薄めのターフを取るような打ち方をすると、分厚い打感になります。

薄い当たりでもよく拾ってくれるが、飛距離のロスになる。ここが、タングステンなどの異素材を混入しているアスリートアイアンとの若干の違いかも。ミスに寛容というわけではない。

こちらも参考になります→2018年上級者にオススメしたい ハーフキャビティ・アイアン5選

しっかりと刻まれた溝。ウェッジに採用されている20Vグルーブを、アイアンで初めて搭載された。強烈なスピン性能を発揮し、ラフからのフライヤーも軽減してくれる。

こちらの記事も参考にして下さい (2017年秋発売のアイアンを試打したらレベルが高かった)

キャロウェイゴルフ 公式オンラインストア

シャフトは

標準仕様のシャフトは、Dynamic Gold (S200)、N.S.PRO MODUS³ TOUR 120 (S) 、N.S.PRO 950GH (S) の計3種類のスチールシャフトがラインナップされている。
キャロウェイ X FORGED アイアン が、安く購入できる。しかも合わなかったら9割保証で。

まとめ

Callaway X FORGED(フォージド) アイアンは、打感と操作性が素晴らしい。アスリートがやさしく狙える安心感もある。

・気持ちいい打感
・よくつかまる
・操作性がいい
・優れたスピン性能
・抜けがいい
・カッコイイ

本当に打感が素晴らしい!! 気持ちいいので、いつまでも打ち続けたい。。。これでやっと4年ぶりに買い替えられるアスリートが、たくさんいるでしょうね。

【総合評価 8.6】
飛距離  8
やさしさ  8
弾道の高さ  8
つかまり  8
構えやすさ  9
操作性 10
打感 10

 - Callaway, アイアン