楽しい GOLF LIFE

ゴルフギアの口コミサイト「間違わないゴルフ用品選び」

キャロウェイ ローグ サブゼロ ドライバーの試打&評価/意外につかまる

      2018/09/09

Callaway ROGUEサブゼロ ドライバー を試打しました。どんなクラブなのか評価と感想をレビューします。
(2018/9/3追記)

試打クラブ

Callaway(キャロウェイ)
ROGUE SUB ZERO(ローグ サブゼロ)ドライバー/2018年発売モデル
【ロフト角】
9.0°
10.5°
【シャフト】
・Speeder EVOLUTION for CW 50(S)(オリジナルカーボン)45.25インチ
・Tour AD IZ-6 (S) 45.25インチ

バリエーション

・ロフトバリエーションは2種類(9°、10.5°)

・カチャカチャで4通りのロフト角と2通りのライ角の組み合わせが可能。

「ROGUE (ローグ)」シリーズのドライバーには、このほかに「ROGUE STAR ドライバー」と「ROGUE ドライバー」がある。

こちらの記事も参考にして下さい→ローグ/ローグ スター/ローグ サブゼロ・ドライバーを比較して分かる事とは

ローグサブゼロ ドライバー の評価

【構えやすさ】

バランスががいい綺麗な丸型でクセのない顔はとっても好印象。スッとリラックスでき、アスリートがやさしく構えられる。

ディープフェースで強弾道が期待出来る顔。

【飛距離】

平均的に初速が速くて、顔を上げた時には、もうボールを見失うほど先にいる。よく飛びます。

↑フィニッシュまで振り切ると、強烈に飛んでくれる。ヘッドスピードはある程度必要です。

【弾道】

中弾道で低スピンの強いストレートボールで、ぶっ飛びです!糸を引くように前へ前へとグイグイ伸びて、落ちてからのランも多い。アゲンストで威力を発揮してくれます。

【つかまり】

「つかまえやすい」よりも、「プッシュしにくい」といった表現が適切かも。無理やりヘッドをターンしなくても自然にフェースに乗っかる感じがする。フェースローテーションは控えめ。

【打感】

打感はセンター付近でヒットするとフェースの弾き感が手に伝わってくる。乾いた感じじゃなくホールド感があり、なかなか心地いい。オフセンターでも、よく弾いているのが分かる。

【操作性】

捕まえながら逃すような”ちょいフェード”が打ちやすい。フェードとストレートの打ち分けがしやすくて、コントロール性がいい。

【安定感】

ミスに強く、出球の方向が安定する。標準のライ角が 56° で、「GBB EPIC Sub Zero ドライバー」よりもさらに0.5°フラットな設定になったが、問題なく狙い通りに飛んでくれる。ちょっとヒール気味でもナチュラルなフェードになる。引っかかりのミスはゼロに近い。

それでも、ある程度のヘッドスピードがないと、手こずるクラブです。44m/s以下では、そのパフォーマンスを引き出せないかも。ヘッドスピードが速めのゴルファーなら、安心して振り抜くことが出来る。

こちらのランキングも参考になります→2018年に戦うための お勧めドライバー5選(アスリート編)

キャロウェイゴルフ 公式オンラインストア

シャフトは

オリジナルカーボンのSpeeder EVOLUTION for CW 50(S)は、兄弟モデルの「ローグ・スター」と同じシャフト。

ヘッドの形状と重さが影響しているのか、もう少しヘッドスピードの速さが欲しい。44〜46m/sぐらいがベストマッチな感じがする。

このほかにTour AD IZ-6(S) が選べる。
キャロウェイ ROGUE SUB ZERO ドライバー が、安く購入できる。しかも合わなかったら9割保証で。

こんなゴルファーにおすすめ

・ヘッドスピードが速い。
・左のミスを減らしたい。
・フェードで攻めたい。
・風に負けない球が打ちたい。

まとめ

キャロウェイ ROGUE SUB ZEROドライバーは、「エピック サブゼロ」よりもミスに強く、つかまりやすくなった。ヘッドスピードが速めのゴルファーは思い切って振り切れる。

・初速が速い
・プッシュしない
・強弾道
・振り抜きがいい
・ミスに強い
・ぶっ飛ぶ

「エピック サブゼロ」の長所を伸ばしつつ短所を削ぎ落とした熟成バージョン!

【総合評価 8.6】
飛距離  10
やさしさ  8
弾道の高さ  7
つかまり  7
構えやすさ  9
操作性 9
打感 9

 - Callaway, ドライバー