楽しい GOLF LIFE

ゴルフギアの口コミサイト「間違わないゴルフ用品選び」

キャロウェイ ローグスタードライバーの試打&評価/曲がらずぶっ飛ぶ

      2018/09/09

Callaway ROGUE STARドライバー を試打しました。どんなクラブなのか評価と感想をレビューします。
(2018/9/3追記)

試打クラブ

Callaway(キャロウェイ)
ROGUE STAR(ローグ スター)ドライバー/2018年発売モデル
【ロフト角】
・9.5°
・10.5°
【シャフト】
・Speeder EVOLUTION for CW 50(S)(オリジナルカーボン)45.75インチ
・Speeder 569 EVOLUTION Ⅳ(S) 45.75インチ

バリエーション

ロフトバリエーションは2種類(9.5°、10.5°)ある。

「ROGUE (ローグ)」シリーズのドライバーには、このほかに「ROGUE ドライバー」と「ROGUE Sub Zeroドライバー」があり、合計3種類ある。

ウエイトをスライドさせる弾道調節機能は付いていない。

こちらの記事も参考にして下さい→ローグ/ローグ スター/ローグ サブゼロ・ドライバーを比較して分かる事とは

ローグスター ドライバー の評価

【構えやすさ】

投影面積が大きい丸型のシャローバックには、クラウン後方部のボリューム感がある。すわりが良くどっしりとして構えやすい。自然に球が上がってくれそうな安心感もある。

【飛距離】

球の飛び出し方には驚かされる。打ち終わった後に顔を上げるとイメージよりも先に到達している。ボール初速が速い。全力の7〜8割程度で振ってもヘッドが走ってくれて、よくつかまり、強烈な弾道が連発する。飛距離性能はかなり高い。

↑ヘッドが走るし初速も速い。オフセンターでもこの飛距離。びっくりです。

【弾道】

低スピンの中高弾道で吹け上がる感じは全くないし、落ちてからのランも多い。ヘッドがターンしてよくつかまるが、打ち急ぐと低い弾道になりやすい。シャフトとロフトは背伸びしない方がいい。

【つかまり】

インパクトでナチュラルにフェースがターンして、グイッと捕まえてくれる。気持ち良くつかまります。

【打感】

フェースの弾き感が気持ち良くて、エピックスターよりもややマイルドな感触。芯に当たると心地良い打感だが、少しセンターを外すと、固く感じる。

【操作性】

操作性は苦手。安定感を重視するゴルファーに使って欲しい。

【安定感】

振り抜きやすく、スライス系の球もプッシュも出にくいし、ヒール気味でもトップ気味でもよく飛ぶ。ミスヒットしても飛んでくれる。エピックスター・ドライバーよりもミスに強く、直進性は一段階レベルが上がっている。

決してハードなヘッドじゃないけど、シャフトのしなりを上手く使った方がこの「ローグスター ドライバー」の長所を引き出せる。

キャロウェイゴルフ 公式オンラインストア

シャフトは

オリジナルの「Speeder EVOLUTION for CW 50」は、合わせやすく先がよくしなるシャフトで、パワーが伝わりやすい。(S)で、ヘッドスピードが42〜45m/sぐらいで、このヘッドの特長を上手く引き出してくれる。

その他多くのバリエーションがあります。

シャフトのスペックは、1フレックスから2フレックスぐらいスペックダウンするか、普段よりも10グラムぐらい軽めにした方がこの低スピンドライバーの性能を引き出せる。ロフト角も大きめがいい。

ROGUE STARドライバー が大幅プライスダウン。しかも、打って合わなかったら9割保証で。

こんなゴルファーにおすすめ

・軽めのシャフトを好む
・ミート率を上げたい
・操作せずにやさしく飛ばしたい。
・ランを稼ぎたい

まとめ

キャロウェイ ローグスター ドライバーは、エピックスターよりもミスに強く、つかまりやすくなった。シャフト選びとロフト選びにご注意を。

・初速が速い
・よくつかまる
・よく転がる
・超強弾道
・ミスに強い
・ぶっ飛ぶ

ぜひ軽く振ってください。ぶっ飛びます。

【総合評価 8.8】
飛距離  10
やさしさ  9
弾道の高さ  8.5
つかまり  9
構えやすさ  9
操作性 7
打感 8

 - Callaway, ドライバー