楽しい GOLF LIFE

ゴルフギアの口コミサイト。間違わないゴルフ用品選びで飛距離アップ、スコアアップ。ライバルに差をつけてゴルフをエンジョイしましょう。

キャロウェイ ROGUE STAR(ローグ スター)ドライバーの試打&評価

      2018/04/18

Callaway キャロウェイ ROGUE STAR(ローグスター)ドライバー を試打しました。どんなクラブなのか評価と感想をレビューします。

試打クラブ
【ロフト角】
9.5°
10.5°
【シャフト】
Speeder EVOLUTION for CW 50(S)(オリジナルシャフト)45.75インチ
Speeder 569 EVOLUTION Ⅳ(S) 45.75インチ

私はこの1年「GBB EPIC STAR ドライバー」と「GBB EPIC FORGED ドライバー」を使用したきたので、どんな違いがあるのか、比較しながら評価をしたいと思います。

「Callaway ROGUE STAR ドライバー」のロフトバリエーションは2種類(9.5°、10.5°)ある。

「ROGUE (ローグ)」シリーズのドライバーには、このほかに「ROGUE ドライバー(数量限定商品)」と「ROGUE Sub Zeroドライバー(数量限定商品)」があり、合計3種類ある。

”EPICを、やさしさで超えろ。飛距離で超えろ。”
「Callaway ROGUE(ローグ スター) ドライバー」の特長は

ローグスター ドライバー には「究極のボールスピード」と「究極のやさしさ」を融合した2つの特長がある。

NEW JAILBREAK テクノロジー

GBB EPICドライバーの飛距離性能の基礎となる、フェースの裏側に隠された2本の柱[JAILBREAKテクノロジー]が25%軽量化された。更に肉薄化されたフェースとの相乗効果でさらなるボール初速の向上を実現した。

高慣性モーメントの融合

非常に軽くて強い[トライアクシャル・カーボン]をキャロウェイ史上、最も多く使用して慣性モーメントを高める新たなヘッド形状を採用し、究極のやさしさを実現。より高い慣性モーメント、やさしさを実現し、オフセンターヒット時でも飛距離と直進性をもたらす。

こちらの記事も参考にして下さい→ローグ/ローグ スター/ローグ サブゼロ・ドライバーを比較して分かる事とは

構えてみると

アクセント・カラーが緑から青に変わった。構えてみると、投影面積が大きい丸型のシャローバックは、クラウン後方部のボリューム感が増して、すわりが良くどっしりとして構えやすい。自然に球が上がってくれそうな安心感がある。

クラウンの凸凹の形状がエピックシリーズよりも大人しくなったが、リーディングエッジの形状も見直し、空力性能を更に向上させたらしい。その結果、スイングスピードと飛距離性能の向上が可能となったとのこと。

ウエイトをスライドさせる弾道調節機能は付いていない。

試打の評価は

打ってみると、めっちゃつかまる。。。これはやさしくなっている。。フェースがよく弾いて初速が早く、ぶっ飛びです。

インパクトでナチュラルにフェースがターンして、グイッと捕まえてくれるし、球の飛び出し方には驚かされる。打ち終わった後に顔を上げるとイメージよりも先に到達している。。

スピン量が少なくて吹け上がる感じは全くないし、エピックスター・ドライバーのようなドロップするかもっていう心配もない。ドローボールが打ちやすく、落ち際にもう一伸び余分にググッと持ちこたえてくれる。

スピン量が少ないのに、なぜかドロップしないから飛ぶのかな、、落ちてからのランも多い。転がり過ぎじゃないかぁ、、、

空気抵抗の進化はヘッドスピードに反映されていないが、ボール初速は確かに速い。全力の7〜8割程度で振ってもヘッドが走ってくれて、よくつかまり、強烈な弾道が連発する。。

手首を使ったり、手打ちになると球が上がりづらいが、ゆったりとシャフトのしなりを感じながらシャフトと身体が一緒に回るとドッカーンと飛んでくれますよ。。

スライス系の球もプッシュも出にくいし、ヒール気味でもトップ気味でもよく飛ぶ。ミスヒットしても飛んでくれるように進化している。

シャフトとロフトは背伸びしない方がいい

エピックスターよりもやさしくなって見事にハードルが下がった。ヘッドがターンしてよくつかまるが、打ち急ぐと低い弾道になりやすい。

シャフトを1フレックスから2フレックスぐらいスペックダウンするか、普段よりも10グラムぐらい軽めのシャフトにした方がこの低スピンドライバーのぶっ飛び性能を引き出せると思う。ロフト角も大きめがいい。

決してハードなヘッドじゃないけど、シャフトのしなりを上手く使った方がこの「ローグスター ドライバー」の長所を引き出せる。

このぶっ飛びドライバーの性能を”生かすも殺すもシャフト次第”です。。。

打感はフェースの弾き感が気持ち良くて、エピックスターよりもややマイルドになった。芯に当たると心地良い打感だが、少しセンターを外すと、少し痺れた打感になる。打感を求めるなら「GBB EPIC FORGED ドライバー」の方が2枚も3枚も上です。そこはやはりフルチタン・ボディには勝てない。

オフセンターでもほとんど曲がらないし、飛距離がロスしない。慣性モーメント が高く直進安定性の評価は最高点を付けたい。

EPIC STAR ドライバー」よりもミスに強くなってるし、つかまりやすくて初速も速い。直進性は一段階レベルが上がっている。

EPIC FORGED ドライバー」のつかまり性能が手に入る。

両者の”いいとこ取り”以上の満足度が得られるクラブです。

軽めのシャフトで振り抜いて、低スピンで曲がらずに飛ぶ、、、ローグスターを試打したら、これからは、こういう球筋で飛ばすんだなって思った。最初は慣れなかったけど、50球ぐらい打ってこのクラブの良さがよーく解りました。

シャフトは

シャフトは40g〜50g台で構成され、オリジナル(FUBUKI for CW 40、Speeder EVOLUTION for CW 50)とエボ4(Speeder 474 EVOLUTION IV、Speeder 569 EVOLUTION IV)から選ぶことが出来る。

オリジナルの「Speeder EVOLUTION for CW 50」は、合わせやすく先がよくしなるシャフトで、パワーが伝わりやすい。(S)で、ヘッドスピードが42〜45m/sぐらいで、このヘッドの特長を上手く引き出してくれる。

このドライバーは軽めの柔らかいシャフトで振った方がよく飛んでくれます。そのためなのか、メーカーも軽いシャフトを用意してくれましたね。その他に、カスタムで多くのバリエーションを用意している。
キャロウェイ ROGUE STAR(ローグ スター)ドライバー が、安く購入できる。しかも、打って合わなかったら9割保証で。

まとめ

キャロウェイ ROGUE STAR(ローグ スター)ドライバーは、エピックスターよりもミスに強く、つかまりやすくなった。見事にハードルが下がり、全てのゴルファーがターゲット層になった。シャフト選びとロフト選びにご注意を。

・初速が速い
・よくつかまる
・よく転がる
・超強弾道
・振り抜きがいい
・ミスに強い
・ぶっ飛ぶ

飛距離性能に驚愕してから、たったの1年で進化させるなんて、、、キャロウェイはすごい!

飛距離 5++
構えやすさ 4.5
デザイン 3.5
打ちやすさ 5
操作性  3
打感 4

 - Callaway, ドライバー