楽しい GOLF LIFE

ゴルフギアの口コミサイト。間違わないゴルフ用品選びで飛距離アップ、スコアアップ。ライバルに差をつけてゴルフをエンジョイしましょう。

キャロウェイ GBB EPIC Sub Zero ドライバー の試打&評価

      2017/02/17

Callawayキャロウェイ GBB EPIC Sub Zero (ジービービー エピック サブ ゼロ)ドライバーを試打しました。世界中で飛距離に驚きの声が上がってる評判のドライバーは、どんなクラブなのか評価と感想をレビューします。

試打クラブ
【ロフト角】
9.0°
【シャフト】
Speeder EVOLUTION for GBB (S)(オリジナルシャフト)
Tour AD TP-6(S)
Diamana BF 60 (S)
Speeder 661 EVOLUTION III(S)

キャロウェイの「GBB EPIC」シリーズのドライバーには、高弾道で飛ばす「GBB EPIC STAR ドライバー」と低スピンで飛ばす「EPIC Sub Zeroドライバー」の2種類あります。石川遼くんは「EPIC STAR」を、注目のロリー・マキロイは「EPIC Sub Zero」を最初に選択したようすです。メーカーのキャッチコピーは、「禁断のドライバー、解禁。」「ルールは破らない。常識を破る。」楽しみです。トッププロを満足させる新兵器はどんなクラブなのかな。
キャロウェイ GBB EPIC STAR ドライバー の試打&評価
「EPIC STAR」と「 EPIC Sub Zero」の比較で分かる事

構えてみると

クラウンとソールを見るとカーボン素材を使用して計量化したのがよく分かる。構えると、小顔で、フェースにバルジがあり、アスリート好みの締まった顔。460ccあるが440ccぐらいのヘッドに見える。ディープフェースでクラウン部が丸く盛り上がり、いかにも風に強い弾道が出そうな雰囲気です。クラウンのフェース側に「XR 16 ドライバー」のような凹凸があり、空気抵抗を抑えた設計になっている。これがボールにフォーカスしやすくて構えやすい。

打ってみると

Diamana BF 60(S)でワッグルすると、ヘッドがずっしり重たく感じる。総重量もバランス(D3)も「GBB EPIC STAR ドライバー」と全然違う。ヘッドが12〜3gほど重いようです。打ってみると、中弾道で低スピンのストレートボールで、思った以上にスピン量が少ない。芯でとらえると強烈な弾道で真っ直ぐに飛び、よく転がる。空気抵抗の効果なのか、ヘッドがよく走りフィニッシュまで一気に振り抜ける。平均的に初速がいつもより速くて、よく飛びます!

ヘッドの構造が低スピンになりやすく設計され、さらに標準のライ角が「56.5」と、フラットな設定なので、引っかかる心配はないが、振り遅れるとプッシュスライスになりやすい。また、タイミングが合わないと、つかまり切らずにドロップする。ノーマルポジションが、かなりハードスペックなので、カチャカチャでライ角をDポジション(アップライト)にして、ロフトを+1°に調節すると、高弾道でナチュラルなドローボールになった。この設定でティーを高くして、アッパー気味にインサイドアウトに振ると一番よく飛んだが、それでも中弾道のドローボールで、前に前に飛んでいく。全体の重さを有効活用して分厚いインパクトになる感じがする。ヘッドスピードを46〜47m/sぐらいで振ったが、全く引っかかる心配はない。

このクラブは「GBB EPIC STAR ドライバー」とは、全く別物です。 GBB EPICシリーズのドライバー2本を比べると、タイトリスト917ドライバーの「D2」と「D3」の2本の差とは、全然違います。テーラーメイドの「M1 430ドライバー」と「M2 ドライバー」の2本の差に近い感じです。この2本は、かなり違う。シャフトのスペックそのままっていう感じです。「GBB EPIC STAR ドライバー」は50g台のシャフトの設定だけなので、ハードヒッター向きではないが、こちらはハードヒッターが思い切ってぶっ叩けるモデルと言える。

フェース全体が大きく弾くと同時に、ヘッド全体がたわんで飛ばす感じがあって打感が心地よい。センターでヒットするとフェースが大きく弾く感じがする。操作が、しやすくて、いつでもフェードボールが打てる安心感がある。

重心位置の調整機能

ソールの前後にある2つのウェイト(約12gと約2g)を入れ換えると、重心が変わって、球が上がりやすくなった。カーボン素材のヘッドなので、より効果的に変わる感じがする。深重心の設定で、ライ角をD、ロフト角を+2度 にすると、最初のイメージと違うドライバーになった。よくつかまって高弾道で低スピンのぶっ飛びになる。

シャフトは

シャフトは4種類のカーボンシャフトから選ぶことになる。

オリジナルの Speeder EVOLUTION for GBB は、軽くて先がよくしなるシャフトで、よくつかまる。(S)でも柔らかめです。ヘッドスピードが41〜3m/sぐらいでタイミングが合いそうだが、ヘッドの重さを感じながら大きく振り切るとよく飛ぶ。スインガーの方が適してると思う。
その他に、Tour AD TP-6(S)、Diamana BF 60 (S)、Speeder 661 EVOLUTION III(S)がある。これらは60g台のシャフトだが、オリジナルシャフト(50g台)とはスペックの差が大きい。この3本はどれも素晴らしいから好みが分かれるが、アッパー気味に振ったほうがよく飛んだので Tour AD TP-6(S) が一番相性が良かった。
キャロウェイ GBB EPIC Sub Zero ドライバー が安く購入できる。

まとめ

「キャロウェイ GBB EPIC Sub Zeroドライバー 」は、アスリートが振り抜きやすく、思い切ってぶっ叩ける。

・初速が速い
・低スピンで強弾道
・やや重たいが振り抜きやすい
・操作性が良い
・ぶっ飛ぶ

左を避けたいアスリートが強い球筋で飛距離アップできる。低スピンの強弾道でキャリーとランを稼ぐならコレです。

飛距離 5
構えやすさ 4.5
デザイン 4.5
打ちやすさ 4
操作性 4.5
打感 4.5

 - Callaway, ドライバー