楽しい GOLF LIFE

ゴルフギアの口コミサイト「間違わないゴルフ用品選び」

あなたのクラブは大丈夫?・中古クラブで気を付けることは

      2018/08/08

今や当たり前になった中古市場ですが、私が若い頃は、使わなくなったクラブは知り合いに譲ってました。でも今は新品を購入するときに下取りをしてくれるショップも増えて、とても有難いものです。

中古商品の購入はアリだと思いますが、購入前に絶対にチェックしておきたいポイントがあるので、簡単にまとめました。※2018/8/8追記

中古クラブのショップ形態

中古クラブの購入ルートとして、下記の3件が考えらる。

①ゴルフショップの中古品コーナーや中古専門ショップ

②通販サイト

③オークションサイトやメルカリなど、所有者からのネット購入

①は、リアル店舗なので商品を目で確認できる。大手の場合は信頼性が高いし、お取り寄せもできる。また、そのネットショップもあり品数が多く選びやすい。

中古クラブの購入はチェックしたいポイントがたくさんあるので、リアルショップがオススメです。

ネットで購入する場合でも出来る限りチェックしたいものです。

③は、出品者から状態を直接聞くことができるかも。②の通販サイトは、新品に近いもの以外はオススメできません。

チェックポイント①グリップ

せっかく安くていい掘り出し物を見つけたのに、すぐにグリップ交換をすると、余分な費用がかかります。

アイアンの6本セットを全部交換すると、かなりの出費になる。交換したら新品と金額が変わらないって事にも成りかねない。

まず、グリップが純正品かどうかが大きなポイントですが、その場合でも、カスタムフィッティングで作られたクラブなら、いろんな手が加えてあります。グリップが交換済みの場合は、もっといろいろ疑わなければならない。

店頭で購入する場合は、クラブの全体重量とバランスを計測して、オリジナル品との違いをチェックしましょう。

【グリップの重量】
グリップの重さは、かなり重要なポイントです。

カスタム仕様の場合はオリジナル品でもいろんな種類がある。軽いものから重いものまで種類は豊富。グリップの重さだけは計量できないが、クラブの重さとバランスから逆算するか、グリップメーカーのカタログで調べる。

シャフト内部に鉛を貼ったり、ウエイトを調整できるグリップでカウンターバランスになってる物もある。

【グリップの太さ、硬さ】
交換済みの場合は、いろんな種類があるのでチェックしたほうがいい。

外径が太い、硬い、柔らかいなど、好みに合わない場合があるので、要注意。バックラインの有無も重要。

【下巻き(グリップを固定する両面テープ)の方法】
両面テープを、2重巻き、3重巻にして、太くすることがある。右手部分のみ太くする場合もある。

外観上は確認できないが、握ると太く感じる。その分少し重くなる。

【逆挿し】
グリップの正面のメーカーロゴを嫌うゴルファーがいて、無印状態で挿してある場合がある。

私はロゴマークがある方がスクエアに握りやすい。

【状態】
グリップは消耗品です。どの程度使い込まれているか、チェックしたほうがいい。

チェックポイント②バランス

前使用者がカスタム仕様や、グリップ交換で、バランスを変更した可能性がある。計測すれば一目瞭然。オリジナルとの違いを確認しましょう。

アイアンの場合、番手ごとにバラバラってこともあるので、できれば全番手計測するのが望ましい。

チェックポイント③ライ角・ロフト角

ライ角やロフト角は必ずチェックしましょう。特に軟鉄鍛造アイアンやピンのアイアンは、大幅に変更可能なので必須です。ウッド系も微調整済みの可能性あり。

チェックポイント④シャフトの長さ

シャフトがカットしてあったり、カスタム仕様で長くセッティングしてあったり、意外に見落としがちです。

長さも疑ってください。オリジナルとの違いをチェックしましょう。

チェックポイント⑤付属品

ヘッドカバーや、カチャカチャの工具、説明書、などの付属品が揃っているか。ヘッドカバーの状態は良好かチェックしましょう。ヘッドカバーも買うと高いものです。

チェックポイント⑥US仕様

アメリカのメーカーのUS仕様の商品が多く流通してます。日本仕様よりかなりハードなスペックが多いので気をつけてください。

ヘッドがUS仕様でシャフトをカスタムしてる、ややこしい商品もあります。

チェックポイント⑦偽物(ニセモノ)に注意

人気クラブの偽物が流通しています。かなりそっくりに作られているので、信頼できるショップで購入するしか防ぎようがない。

こちらも参考にしてください↓
ゴルフクラブの模倣品「ニセモノ」に気を付けたい・その手口と対策

チェックポイント⑧状態

それ以外に、一番大事なのは状態です。

グリップは交換すればいいけど、ヘッドやシャフトの傷は直りません。少しの傷が原因となり、シャフトが折れる事もある。じっくり見極めてください。ゴルフクラブの買い替えならゴルフパートナーへ

中古クラブはメーカー保証がない

先日、フェアウェイウッドのヘッドが割れました。購入1年以内なので新品と交換してもらえましたが、ほとんどの中古品は保証対象外になります。

新品購入との違いは保証の部分が一番大きい。中古品は安いが、状態のいい商品は新品と比べてそれほど値段が変わらないものです。メーカー保証は重要です。

あとがき

中古クラブを購入するときは、商品をちゃんとチェックしてから購入しましょう。

グリップ、バランス、ライ角、長さ が適正でないと、いいショットは打てません。思わぬキズにもがっかりするし、ニセモノにも要注意です。信頼できる中古ショップを1軒作ることが近道だと思います。

 - クラブ, ゴルフって?