楽しい GOLF LIFE

ゴルフギアの口コミサイト。間違わないゴルフ用品選びで飛距離アップ、スコアアップ。ライバルに差をつけてゴルフをエンジョイしましょう。

「誰もいわなかったシンプルゴルフのすすめ」この本でゴルフがやさしくなる

      2017/12/18

アマチュアゴルファーは間違ったことをしている。どうやら日本人ゴルファーには共通の課題があるのです。そのメカニズムが解りやすく書かれているレッスン書があるので、これは是非お勧めしたい1冊です。

『誰もいわなかったシンプルゴルフのすすめ』
中井 学・著
河出書房新社(1200円 税抜)

この本に描かれている理論の基本は、「腕や手を使わずに、体でクラブを振る」ということにある。体でクラブを振ると、自然にヘッドが返せるようになる。ところが、ほとんどのアマチュアゴルファーは、正しくヘッドを返していない。正しくヘッドを返すと、飛距離アップや方向性の安定につながり、上達スピードがアップします。

このレッスン書は、ヘッドを正しく返すことの重要性と、そのための実践法がわかりやすく解説されているのです。

著者・中井 学 プロ

テレビでもおなじみの、アメリカ仕込みの理論派プロです。いろんな著者がレッスン本を出版してるけど、彼の理論はシンプルで非常に分かりやすい。プロ、アマ問わず、多くの悩めるゴルファーの駆け込み寺となっています。私もちょいちょい駆け込みます。。。以前レビューした本も、絶対オススメです。

『100yd シングルになる!』なかなか80が切れないゴルファーに読んで欲しい本
『クラブを知ればスコアは良くなる』この本は漫画だから解りやすい

第1章 スイングをシンプルにするメカニズムとは !?

日本人選手が海外でなかなか活躍できない理由がある。日本人の「手打ち」では、プレッシャーに勝てないが欧米式の「体打ち」が合理的である。それがスムーズなヘッドのターンになる。アームローテーションができるとヘッドが返り、よくつかまる。そのメカニズムが13の項目で書かれている。

第2章 ヘッドターンが理想的なインパクトを作る

「多くのアマが正しいインパクトを作れない本当の理由」、「強いインパクトをつくるヒント」、「腕のローテーションと足の使い方」、「インパクトで「押す」ことの意味」、、など理想的なインパクトをつくるための15の項目が書かれています。

第3章 シンプルスイングが早く身につくドリル

アームローテーションが自然に身につくためのドリルが1〜8まである。ドリル2ではオープンスタンスとクローズスタンスを利用して捻転差を作る。ドリル5では水平素振りで腕とクラブを横に振る動きをマスターする。

第4章 クラブ別のヘッドターン活用テクニック

大型ヘッドのドライバー、フェアウェイウッド、アイアン、アプローチ、バンカーショット、パター、それぞれのヘッドのターンの重要性と、実践法がわかりやすく書かれている。

あとがき

この本のポイントは「プロとアマの違いはヘッドターンです!」この一言に集約される。「手打ち」では安定したヘッドターンが出来ない。私も2〜3点ほど実践で試してみたら即効性がありました。

やっぱり中井プロの理論は、シンプルで分かりやすい。しかも持続性があるから価値がある。スコアを安定させたいなら、是非この本を一読ください。

 - レッスン書, 上達法