楽しい GOLF LIFE

ゴルフギアの口コミサイト「間違わないゴルフ用品選び」

「クラブを知ればスコアは良くなる」この本は漫画だから解りやすい

      2018/09/08

漫画だから解りやすくて、しかも楽しく読めるレッスン書があります。見落としがちなポイントに絞り込んだ、ビギナーも上級者も押さえておきたい項目ばかりなので、是非オススメしたい一冊です。

中井 学 クラブを知ればスコアは良くなる
日本文芸社(630円税抜)

斜面では何気なくアドレスするとミスになる

スコアが悪いとミスショットの原因を振り返ることはあると思います。きっとスイングが悪かったと反省することが多いでしょう。普段プロはいろんなことを考えながらセットアップするのに、アマチュアゴルファーは何気なくアドレスして、ミスショットしてる場面がります。セットアップが間違っているのに、ナイスショットするはずがない。正しいセットアップをするとシンプルに打てます。

フェアウェイ・バンカーでは、重心を左に寄せる。

左足下がりは、地面と平行に立つのと、鉛直に立つ2つの方法がある。

つま先上がりはオープンスタンスで打つ。右を向くのは間違い。

道具の進化で、スイングの常識が変わった

最近のクラブやボールの特性を知ると、セオリーが変わったことに気づかされる。ゴルフを始めた頃のセオリーではミスショットになります。クラブの特性を活かせば更にシンプルにショットが打てる。

イマドキのボールはスピンがかからないから9番アイアンで転がした方がいい。

イマドキのドライバーは体重移動させるのは間違い。

写真入りで分かりやすく解説

すぐに使えそうなアプローチテクニックや、パッティングの勘違いを分かりやすく解説してます。

よく有りがちなライのテクニックがとても分かりやすい。ここを押さえるだけでも、随分スコアが良くなりそうです。

パッティングの勘違いを解説してます。距離感や、タッチが合わせやすくなる。

中井 学 プロ

テレビでもおなじみの、アメリカ仕込みの理論派プロです。いろんな著者がレッスン本を出版してるけど、彼の理論はシンプルで非常に分かりやすい。

プロ、アマ問わず、多くの悩めるゴルファーの駆け込み寺となっています。

中井プロのレッスンは、いままでのセオリーと違う理論が多く、常識が間違ってたと思わされる。もっと早く知っておけば良かったと思うことばかりです。

(こちらもオススメです→なかなか80が切れないゴルファーに読んで欲しい本

まとめ

正しいセットアップをする

フェアウェイの平坦なライなんてほとんどありません。その場に応じたセットアップをちゃんと覚えると、ミスショットが減ります。つま先上がりで、右を向くとか短く持つとか、間違いだらけのセオリーでは、ナイスショットになりません。

道具の進化に合わせる

ボールも、クラブも大きく進化しました。昔と同じスイングでは、ドライバーもアプローチも上手く打てません。イマドキの打ち方に変えたほうがいい。

この本は漫画だから分かりやすい。私は何度も何度も読み返しました。ビギナーもアベレージゴルファーもシングルもトップアマも役に立つレッスン本です。

 - レッスン書, 上達法